糖尿病患者の足の裏

スポンサーリンク

足の裏に出る糖尿病のサインとは?!

糖尿病を発症すると、免疫力が下がり、血流が悪くなりますので、末端にある足の裏に糖尿病の初期症状が現れやすいそうです。

 

一体、足の裏のどのような症状が糖尿病のサインなのでしょうか?また、日常の注意点はどのようなことがあるのでしょうか?

 

早速見てみましょう。

 

 

<足の裏に出る糖尿病のサインとは?>

 

それでは、足の裏に出る糖尿病のサインについて、具体的に見てみましょう。

 

1.足の裏の感覚がおかしくなる

 

糖尿病になると、神経の働きが正常に機能しなくなり、感覚が鈍くなったり、逆に過敏になり過ぎたりするようです。

 

また、毛細血管の障害が起き、血流が低下することで、手足のしびれや痛み、感覚の麻痺などが起こりやすくなるそうです。

 

また、間隔が麻痺することで、痛いとか熱いなどの感覚が鈍くなり、足に怪我ややけどをしても気付かず、足潰瘍や壊疽を発症し、重症化してしまうことがあるそうです。

 

 

2.足の裏にタコや靴擦れを起こしやすくなる

 

糖尿病になると、靴や靴下の継ぎ目に足が当たっていても、痛みを感じにくくなる為、足の裏にタコや靴擦れが起きやすくなるそうです。

 

靴下はなるべく継ぎ目のないものを選び、履いて痛みがないもの、足の指が当たらないもの、かかとが高くないものなどを注意深く選びましょう。

 

また、靴を履く時は、中に小石や異物が入っていないかを都度確認するようにしましょう。

 

 

3.足の裏の怪我が治りにくくなる

 

糖尿病では、太い血管のみならず、皮膚の表面にある毛細血管への血液の流れも悪くなりますので、傷の回復や組織の再生が遅くなるそうです。

 

よって、足の裏の靴擦れや小さな傷でも、なかなか治らない間に細菌が侵入し、感染が急速に広まる危険性があります。

 

タコや魚の目が出来ても、自分で切ったり、自己流で治療すると、却って症状を悪化させ、皮膚に傷をつけてしまう可能性があるので避けましょう。

 

また、皮膚の乾燥により、ひび割れなどが起きると、そこから水虫菌や細菌が付着しますので、保湿クリームなどで保護するようにしましょう。

 

冬場はこたつやあんかを使う機会が増えますが、直接皮膚に近づけてやけどをしないように気を付けましょう。

 

 

如何でしょう?当てはまるものはありましたでしょうか?

 

最近では、日本人も糖尿病の患者数が増加傾向にあり、上記の理由や合併症で、足の裏に潰瘍や壊疽が出来、切断しなければならないケースも増えると予測されています。

 

糖尿病で足の裏に異変が起きると、治癒しても再発するリスクが多いのも特徴だそうです。

 

少しでも、おかしいな、と思ったら、すぐに病院で診察して貰うようにしましょう。


スポンサーリンク