足の裏の水泡

スポンサーリンク

足の裏の水泡の病気「汗疱」とは?!

夏などの汗をかく季節に多発する、足の裏や手や掌に出来る水泡の病気「汗疱」をご存じですか?

 

非常に「あせも」に似た症状ではあり、勘違いしやすいのですが、一体どのような病気なのでしょう?

 

そして「あせも」との違いはどのような点なのでしょう?早速見てみましょう!

 

 

<足の裏の水泡の病気「汗疱」とは?>

 

足の裏の水泡の病気「汗疱」とは、掌や手、足の裏などに、小さな水泡が多く現れる多発性疾患と言われています。

 

小さな水泡は隣同士の小さな水泡とくっつき、大豆くらいの大きさの水泡になることもあるそうです。

 

通常かゆみはないのですが、周囲に紅斑を伴う場合、強い痒みや痛みがあることもあるようです。

 

小さな水泡は徐々に体内に吸収され、2〜3週間ほどで丸いかさぶたのようになり、剥がれ落ちて治るそうです。

 

それでは、非常に良く似た症状の「あせも」とは、どの点が違うのでしょうか?

 

 

<足の裏の水泡の病気「汗疱」と
 「あせも」はどう違うの?>

 

「あせも」はお腹やひざの裏など、皮膚が柔らかい部分や首のシワのように汗が溜まり易く、皮膚が弱い個所に発症しやすいと言われています。

 

対して「汗疱」は、手のひらや足の裏など、皮膚の角質が硬く厚い部分に水泡が出来やすいそうです。

 

「あせも」と「汗疱」は同じ「汗」が原因で起こる炎症ではありますが、出来る部位が違う為、違う呼び名で呼ばれているようです。

 

 

<足の裏の水泡の病気「汗疱」の
 発症原因とは?>

 

足の裏の水泡の病気「汗疱」の明確な原因は、残念ながら解明されていないようです。

 

ただ、夏場に汗の多い方に多発することから、汗が間接的に影響し、汗疱を発症すると見られています。

 

また、食べものや金属アレルギーが原因になっていることもあるそうです。

 

何が原因になっているかは、水虫との違いは皮膚科で白癬菌が居るかどうかをチェックして調べます。

 

また、アレルギーの場合は、パッチテストで調べることが多いそうです。

 

 

<足の裏の水泡の病気「汗疱」の
 治療法とは?>

 

足の裏の水泡の病気「汗疱」の治療法は、小さな水泡があり、痒みがある場合はステロイド系の薬、水泡が乾いてきたら尿素入りのクリームを塗ることで、治療を行うことが多いそうです。

 

ただ、夏場だけの一過性で起こる足の裏の水泡では、2〜3週間で自然治癒することも多いようです。

 

アレルギーが原因の場合は、アレルゲンを特定し、排除する必要がありますが、重症化や慢性化をしてしまうと、1年以上も治らないことがあるそうです。

 

まずは足の裏の水泡になった原因を究明し、その原因に合った治療を行うべく、早目に医師の診断を受けるようにしましょう。

 


スポンサーリンク