足の裏の湿疹

スポンサーリンク

足の裏の湿疹「異汗性湿疹」とは!?

暖かくなる春や夏に、足の裏に水ぶくれのような湿疹が出来始め、徐々に症状が悪化したことはありますか?

 

「足の裏の水ぶくれ=水虫」と考えがちですが、実はその足の裏の湿疹は水虫ではないこともあるようです。

 

足の裏の湿疹には「異汗性湿疹」という、水虫に似た湿疹があるようですが、どのような湿疹なのでしょう?

 

そして原因や治療法にはどのようなものがあるのでしょう?早速見てみましょう!

 

 

<足の裏の湿疹「異汗性湿疹」
 とはなんですか?>

 

「異汗性湿疹」とは、足の裏や手のひら、爪の周りなどに水ぶくれのような強い痒みを伴った湿疹性の皮膚疾患のことを言います。

 

水虫と似ていますが、水虫のように菌は存在せず、他の方に感染する心配はないようです。

 

ただ、強い痒みの為、掻きむしることで水ぶくれが破れ、破れてジュクジュクした状態が肌の再生に間に合わず乾燥し、潤いのないカサカサ肌になってしまうようです。

 

また、掻きむしったことで、水ぶくれだけでなく、赤みを帯びた湿疹も出来たり、カサカサになった肌にまた新しい水ぶくれが出来て、症状を繰り返すこともあるそうです。

 

また、掻きむしることで傷が出来、そこから重症化してしまうこともあるようです。

 

更にやっかいなことに、水ぶくれ同士が近いと、くっついて大きな水ぶくれとなり、広範囲に広がってしまうこともあるようです。

 

 

<足の裏の湿疹「異汗性湿疹」の原因とは?>

 

足の裏の湿疹「異汗性湿疹」はなぜ起こるのでしょう?

 

実は発汗量が多くなると、汗腺が詰まってしまい、皮膚の外に出れなくなった汗が皮膚の間に溜まり、水ぶくれとなってしまうそうです。

 

足の裏の湿疹「異汗性湿疹」は、体温調整の汗というより、精神的なストレスが掛かった時に出る「精神性発汗」であることが多いそうです。

 

なお、汗腺自体には異常はありませんので、ストレスをなるべく溜めないことが最重要だと言えましょう。

 

とはいえ、足の裏に湿疹が出来、痒みや痛み、見た目などで、更にストレスが溜まることもあるようです。

 

この場合は、薬を塗ったり、手袋をするなどして、きちんと治療は進み、症状は改善していることを信じることが大切になります。

 

なかなか難しいとは思いますが、根気よく治していくことが重要のようです。

 

 

<足の裏の湿疹「異汗性湿疹」の治療法とは?>

 

残念ながら、2013年現在でも、足の裏の湿疹を完全に治すことは不可能だと言われているそうです。

 

ただ、ステロイドと尿素成分が入っている保湿クリームを塗ることで、足の裏の湿疹を抑えることは出来るそうです。

 

ただ、ステロイドは副作用もありますので、重い症状の時のみ使用し、症状が改善してきたら、保湿クリームで症状を抑えます。

 

また、最近では、塩化アルミニウム溶液をt勝った密封治療法で、発汗量を効果的に抑えることが出来るというデータもあるそうです。

 

この塩化アルミニウム溶液での治療は全ての病院で行っている訳ではないようですが、かなりの確率で改善可能だそうです。

 

保湿クリームではなかなか改善しない場合、塩化アルミニウム溶液での治療法が行える病院かどうか、ネットや電話で確認し、治療を受けてみても良いかもしれませんね。


スポンサーリンク