足の裏のささくれ

スポンサーリンク

足の裏のささくれの原因と対策とは!?

冬場や乾燥した環境に居ると、足の裏が硬くなり、ひび割れや「ささくれ」が起きたりしたことはありませんか?

 

ちょっと足の手入れを油断すると、肉に到達するくらい深くささくれたり、ガサガサになったささくれで、カーペットに引っかかって出血したり。

 

そんな痛い足の裏のささくれは、どうして起こるのでしょう?そしてその対策はどのようにしたら良いのでしょう?早速見てみましょう!

 

 

<足の裏のささくれの原因と対策 
 その1:乾燥>

 

夏場のクーラーや冬場のこたつやホットカーペットなどで、最近は意外と足の裏は、通年乾燥しがちな環境になりつつあります。

 

そんな乾燥した環境では、ただでさえ皮脂腺のない足の裏は更に乾燥が進み、足の裏のささくれの原因となってしまいます。

 

乾燥による足の裏のささくれには、角質が手の皮より厚い分、尿素が入った保湿クリームを塗ると良いでしょう。

 

特にお風呂上りで、角質が柔らかくなっている段階で、保湿クリームを塗り、靴下を履いて乾燥を防ぐと尚良いでしょう。

 

足の裏のささくれが酷い場合は、保湿クリームを塗った後、サランラップで患部を巻き、その上から靴下を履いて寝ると、かなり足の裏のささくれが改善されます。

 

この方法で乾燥を防ぎ、たとえ改善したとしても、油断せず、足の裏には保湿クリームを塗ることを習慣づけましょう。

 

 

<足の裏のささくれの原因と対策 
 その2:冷え>

 

体が冷え、血行が悪くなると、血行が悪い部分の代謝が悪くなり、新しい皮膚が作られにくくなるそうです。

 

肌の新陳代謝が悪くなると、古い角質がなかなか剥がれず、肌に留まるため、古い角質は硬くなり、ひび割れやささくれが起きやすくなるそうです。

 

汗をかくことが多い夏場でも、素足でいると意外と足の裏は冷えるもの。夏とはいえ、冷えに対する油断は禁物です。

 

最近は畳ではなく、フローリングの床が多くなり、冷房の冷えが床も冷やし、体の冷えの原因になりがちです。

 

冬場はもちろんのこと、夏場でもスリッパや靴下、布ぞうりなどを履き、足の裏からの冷えを防ぎ、ささくれを防止しましょう。

 

また、冷え対策として、体の中から温まる生姜やネギ、ニラ、香辛料などを適度に摂ったり、運動をして体の血行を良くすることも効果的です。

 

是非ご自分に合った方法で、冷え対策をし、足の裏のささくれを防ぎましょう。

 

 

<足の裏のささくれの原因と対策 
 その3:栄養不足>

 

足の裏のささくれは、日頃の食生活での栄養不足によるものもあるそうです。

 

パンやごはんだけの炭水化物に偏った食事は、ビタミンやミネラル、鉄分が不足しがちで、肌の新陳代謝を鈍化させてしまいます。

 

出来るだけ、食事はバランス良く取るようにし、栄養不足からの足の裏のささくれを防止するように努めましょう。

 

 

<足の裏のささくれの原因と対策 
 その4:布>

 

足の裏のささくれは、化繊のソックスやストッキングが原因で起こることもあるそうです。

 

化繊の素材は摩擦が強く、肌を傷つけやすいこともあるので、肌の弱い方は、シルクやコットンのものに変えてみることもお薦めです。

 

特に足の裏がささくれているような肌は乾燥し、敏感になっていることが多いもの。

 

シルクやコットン製品は化繊よりお高めかもしれませんが、ちょっと奮発して取り入れて見ては如何でしょう。

 

 

<足の裏のささくれの原因と対策 
 その5:睡眠不足>

 

意外なことに、足の裏のささくれの原因は、睡眠不足も原因の1つと考えられているそうです。

 

睡眠が不足すると、血流やリンパの流れが阻害され、上記にある冷えや乾燥、血液中の栄養不足になりがちです。

 

肉体の疲れは睡眠でしか改善しませんし、眠っている間に肌の新陳代謝は行われるものでもあります。

 

忙しい毎日を送られているとは思いますが、出来るだけ睡眠を摂る様に心がけましょう。


スポンサーリンク