足の裏の臭い

スポンサーリンク

足の裏の臭いの防ぎ方とは!?

急なお座敷での会食や、友人のお宅にお邪魔し、靴やブーツを脱いだ時、足の裏の臭いが気になったことはありませんか?

 

どんなに素敵な人でも、足の裏の嫌な臭いがしたら、本当に幻滅ですよね。

 

なぜ足の裏は臭うのでしょう?そしてどうしたら足の裏の臭いを防ぐことが出来るのでしょう?早速見てみましょう!

 

 

<足の裏はどうして臭うの?>

 

足の裏には、他の体の皮膚よりも沢山の汗腺があり、なんと足の裏だけでも、1日コップ1杯半の汗をかくそうです!

 

しかし、足の裏の汗腺は「エクリン腺」と言われるもので、実は汗のにおいは非常に少ないそうです。

 

そんな臭いのないエクリン腺からの汗ではありますが、汗をかいた靴の中は高温多湿になり、足の角質をエサにした雑菌やバクテリアが繁殖しやすくなります。

 

汗は雑菌やバクテリアによって分解され、「イソ吉草酸」という臭い成分を発生させるそうです。

 

これこそが、あの嫌な臭いの素なのです!原因は汗ではなく、雑菌やバクテリアだったのですね。

 

それでは、そんな足の裏の臭いを防ぐ方法はあるのでしょうか?

 

 

<足の裏の臭いを防ぐ方法
 その1:汗を洗い流す>

 

バクテリアや雑菌の繁殖を防ぐには、まず汗を洗い流すことが一番大切です。

 

足の裏を不潔にしておくと、臭いだけでなく、水虫の原因にもなります。

 

足の裏は毎日石鹸で綺麗に洗う習慣を身に付けましょう。

 

 

<足の裏の臭いを防ぐ方法
 その2:お酢につける>

 

足の裏の臭いが気になる方は、洗面器にぬるめのお湯を入れ、大匙2杯のお酢を混ぜ、足を5分ほどつけてみましょう。

 

お酢やクエン酸には、皮膚の雑菌やバクテリアを死滅させる力がありますので、根本的な改善に役立ちます。

 

お酢のツンとした臭いが嫌いな方は、レモンの絞り汁でも大丈夫です。

 

ご自分のお好みの方法で、足の裏の臭いを発する元となるバクテリアや雑菌を殺菌しましょう。

 

 

<足の裏の臭いを防ぐ方法
 その3:通気性・吸湿性を良くする>

 

足の裏のバクテリアや雑菌は、通気性が良い環境を嫌います。また、湿度が無ければ生きていけません。

 

よってこの習性を逆手に取り、足の裏の通気性や吸湿性の良い靴や靴下を選んで履くことがお薦めです。

 

5本指ソックスは足の指の間の汗を吸収し、雑菌の繁殖を抑える効果があるそうです。

 

また、靴のインソールを吸水性や吸湿性の機能を持ったものに変え、中敷きとして使用することも効果的です。

 

 

<足の裏の臭いを防ぐ方法
 その4:同じ靴を履き続けない>

 

毎日同じ靴を履き続けると、靴の中の付着した汗が乾かないうちに再度足を入れることになりますので、足の裏の臭いを発生させる原因になります。

 

出来れば2、3足の靴をローテーションで履くようにし、履いていない靴の中に10円玉を何枚か入れたネットガーゼを入れておくと良いようです。

 

10円玉の銅には、雑菌の繁殖を抑え、分解する効果があるそうですよ。

 

また、緑茶やコーヒーの出がらしを乾燥させ、靴の中に入れておくと、靴の脱臭効果もあるそうです。

 

是非やり易そうな方法を試してみては如何でしょう?

 

 

<足の裏の臭いを防ぐ方法
 その5:生活を見直す>

 

脂っこい食事を続けていると、汗をかきやすくなり、足の裏の臭いが臭くなりやすくなるそうです。

 

また、緊張やストレスも汗をかきやすくなり(冷や汗や手に汗握る、などありますよね)、足の裏の臭いが臭くなりやすくなるようです。

 

バランスの良い食生活を心がけ、ストレスを上手に発散させることでも、足の裏の臭いを防いでいきましょう!


スポンサーリンク