足の裏のむくみ

スポンサーリンク

足の裏のむくみの原因と解消法とは?!

足の裏にむくみが出たことはありますか?ふくらはぎのむくみは良く聞きますが、実は足の裏のむくみはそれ以上に深刻な症状なのだそうです。

 

なぜ足の裏にむくみが出るのか、そしてその解消法とはどのようなものがあるのか、早速見てみましょう!

 

 

<足の裏のむくみの原因とは?>

 

むくみとは、体の60兆個に亘ると言われる細胞の、水分代謝のバランスが低下している為起こる現象だと言われています。

 

細胞に含まれる水分には、リンパ液から取り込まれた酸素や栄養分が入っているのですが、その水分代謝が低下すると、細胞が膨張し、むくみが出るそうです。

 

長時間同じ姿勢でいるだけでも、重力により細胞間のリンパ液は下に下がり易くなり、ふくらはぎから足首、足の裏へと徐々にむくみが下がっていくそうです。

 

よって、足の裏までむくむということは、そこまでリンパの流れが滞り、水分代謝のバランスが崩れていることを意味します。

 

更に足の裏のむくみを放っておくと、それ以上リンパ液は下がることが出来ない為、足の裏の痛みが発症してしまうそうです。

 

それでは、この足の裏のむくみを解消する方法はあるのでしょうか?

 

 

<足の裏のむくみの解消法
 その1:運動>

 

足の裏のむくみの原因はリンパの流れが悪くなることにありますが、この原因は筋力の低下にも原因があると言われています。

 

特にふくらはぎの筋力の低下は、血液やリンパ液を下から上に押し上げる力の低下に繋がります。

 

よって、足の裏を刺激したり、足の筋力増強を図ることで、足のむくみは改善することが出来るようです。

 

 

<足の裏のむくみの解消法
 その2:胃の不調を治す>

 

足の裏のむくみは、胃や膵臓、十二指腸などの消化機能が低下している時にも、発症することが多いそうです。

 

食事はバランスの良い食生活を心がけ、腹八分目に抑えるようにしたり、夜中に暴飲暴食をしないなど、食事の摂り方にも注意してみましょう。

 

また、甘いものの取り過ぎも、胃の消化力が低下するそうですので、摂り過ぎないように気を付けましょう。

 

更に、肉や魚などのたんぱく質を摂ることは大切ですが、きちんと咀嚼しないと、胃に負担が掛かってしまうそうですので、良く噛んで食べるようにしましょう。

 

 

<足の裏のむくみの解消法
 その3:お灸>

 

足の裏のむくみに対応するツボ、太白・湧泉、太谿の3か所にお灸してみましょう。

 

上記のツボは脾経や腎経が弱まっている時に効くツボであり、体内の水分代謝が活発になると言われています。

 

ただ、初めて自分でお灸する場合、違う場所にお灸をしてしまうこともありますので、最初は鍼灸院等で治療して貰うと良いでしょう。

 

 

<足の裏のむくみの解消法
 その4:リンパマッサージ>

 

足の裏のむくみはリンパの流れが滞っているサインでもあります。

 

リンパケアは無理に強く押す必要もなく、足の下から上に撫で上げるだけというお手軽さです。

 

また、足の指を外側の方向に回すだけでも、かなりリンパの流れは良くなるそうです。

 

お風呂上りやテレビを見ながらでも、是非リンパケアを実践し、足の裏のむくみを解消しましょう。

 


スポンサーリンク