足の裏のマッサージ

スポンサーリンク

足の裏のマッサージの利点と注意点とは?!

足の裏のマッサージは気持ちが良いだけでなく、様々な利点があるそうです。どのような利点があるのでしょう?

 

また、どのような点に注意してマッサージを受けるべきなのでしょうか?早速見てみましょう!

 

 

<足の裏のマッサージの利点 
 その1:全身の様々な症状が改善する>

 

足の裏には内臓をはじめ、様々な部位に繋がるツボが数多くあるそうです。

 

足の裏のマッサージをすることで、それらの重要なツボを刺激する為、腰痛や肩こり、便秘、頭痛など様々な症状を緩和する効果があるそうです。

 

また、足の裏を優しくマッサージされることで、リラックスした気分になり、精神的にも良い効果があるそうです。

 

 

<足の裏のマッサージの利点 
 その2:冷えの解消>

 

足の裏をマッサージすることにより、リンパの流れや血液の流れが良くなり、体の末端まで栄養が行き届くようになるそうです。

 

また、心臓から温かい血液が足の裏まで届けられる為、冷えが解消される効果があるそうです。

 

 

<足の裏のマッサージの利点 
 その3:むくみが取れる>

 

立ちっぱなしや座りっぱなしによって、血流が滞っていた足は、老廃物が溜まり易くなり、むくんでしまいます。

 

足の裏をマッサージすることにより、血流が滞っていた為に硬くなっていた筋肉がほぐされ、血流が良くなり、むくみが解消されやすくなる効果があるそうです。

 

 

<足の裏のマッサージの利点 
 その4:足がつらなくなる>

 

足は、筋肉が凝り固まり、血流が悪くなったせいで老廃物が溜まり、栄養不足になると、足をつり易くなるそうです。

 

足の裏の固くなった筋肉を揉みほぐすことで、血流が良くなり、栄養が末端まで行き届くようになり、足がつらなくなる効果があるそうです。

 

 

<足の裏のマッサージの利点 
 その5:バランスが良くなる>

 

足の裏が硬くなると、全身のバランスが取り辛くなり、無理にバランスを取ろうとして、無駄に筋肉に負荷を掛けやすくなります。

 

足の裏をマッサージすることは、足の裏の柔軟性を取戻し、バランスが取り易くなる効果があるようです。

 

 

それでは、そんな素晴らしい利点のあるマッサージですが、どのような点に注意すべきなのでしょう?

 

 

<足の裏のマッサージの注意点>

 

足の裏のマッサージは痛ければ痛いほど効いている!と思っておられる方も居るそうです。

 

しかし、実は痛いくらいマッサージすると、痛みから交感神経が刺激され、神経が興奮し、筋肉がほぐれ難くなるそうです。

 

足の裏のマッサージは、イタ気持ちいいくらいがベストですので、マッサージされて痛いようでしたら、軽くマッサージするようリクエストしましょう。

 

また、足の裏のマッサージは長くやれば良い、という訳ではありません。あまり長時間マッサージをすると、今度は足を疲れさせてしまい逆効果になります。

 

5分〜10分程度でも、十分効果はありますので、毎日短時間ずつでも、足の裏のマッサージを取り入れるよう、心がけましょう。


スポンサーリンク