クレーター状の足の裏

スポンサーリンク

足の裏にクレータ出現?!

足の裏にクレーター上のくぼみが生じるという、ショッキングな病気があることをご存じですか?

 

その病気は「点状角質融解症(てんじょう かくしつ ゆうかいしょう)」という細菌性の病気だそうです。

 

それでは、足の裏にクレーター上のくぼみが出来るという、病気の原因と対処法について、見てみましょう!

 

 

<足の裏がクレーター状になる、
 病気の原因とは?>

 

足の裏がクレーター状になる病気、点状角質融解症とは、陥凹性角質融解や足ぺたとも呼ばれる病気です。

 

水虫のように痒みがある訳ではなく、むしろ患部がヒリヒリすることがあるそうです。

 

この病気の原因は、私達の皮膚に居る常在菌が、足の裏に汗をかき、湿った状態で放置していると増殖し、皮膚表面の角質を溶かす溶解酵素を出す為、足の裏の角質がクレーター状になってしまうからだそうです。

 

しかも足の裏がクレーター状になるというショッキングな外観だけではなく、悪臭まで放つようになる為、さらにやっかいです。

 

水虫の一種かな?と思い、水虫薬を塗る方がおられるようですが、水虫は白癬菌というカビの一種ですので、水虫や湿疹の治療薬は効きません。

 

幸いなことに人には移らないそうですが、放置しておくと、足の裏全体がクレーター状になってしまい、治療が困難になりますので、このような症状が出たら、すぐに皮膚科を受診するようにしましょう。

 

 

<足の裏がクレーター状になる、
 病気になり易い方とは?>

 

足の裏がクレーター状になる病気、点状角質融解症になり易い方は、20〜40代のよく汗をかくことが多い男性に多いそうです。

 

また、アスリートやスポーツ選手、女性でブーツを履く方にも多く発症すると言われています。

 

足の裏には汗腺が多くありますので、意外と汗をかきやすく、足が蒸れやすくなるそうです。

 

よって、足が蒸れ、不潔な状態になり易い方は、足の裏がクレーター状になる、この病気になり易いと言えます。

 

 

<足の裏がクレーター状になる、
 病気の治療法とは?>

 

足の裏がクレーター状になる、点状角質融解症の治療には、細菌が原因ですので、抗菌外用剤を使用します。

 

具体的には、アクアチムクリームやナジロキサンクリームなどで、意外にもニキビに使う治療薬だそうです。

 

市販薬のテラノマイシン軟膏も効くようですが、治療には素人判断ではなく、きちんと医師の診断を受けた方が良いでしょう。

 

また、薬も大切ですが、何よりも大切なのは、足を良く洗い、清潔を保つことです。

 

特に女性でブーツを履く方は、この病気の治療中は、残念ながらブーツは厳禁です。おしゃれよりも足の裏のクレーター治療に専念しましょう。

 

また、履いた靴の中の汗を乾燥させる為、2,3足ローテーションで履くようにし、続けて同じ靴を履かないようにしましょう。

 

この足の裏がクレーター状になる病気は、足の裏を清潔にし、治療薬を塗れば完治します。

 

是非、足の裏を清潔に保ち、綺麗な足の裏を取り戻しましょう!


スポンサーリンク