足の裏の乾燥

スポンサーリンク

足の裏の乾燥を招く理由とは?!

足の裏の乾燥は寒い冬の間だと思われがちですが、実は季節を問わず乾燥し、ガサガサかかとなどを招いてしまうそうです。

 

しかも足の裏が乾燥すると、肌がガサガサになるだけでなく、ひび割れが生じ、そこから血が出てしまい歩行も困難になることも!

 

そんな足の裏の乾燥は、意外なことが原因で加速してしまうそうです。どのようなことが原因になるのか、早速見てみましょう!

 

 

<足の裏の乾燥原因 
 その1:裸足やサンダル履き>

 

夏は暑いので、ついフローリングの床を裸足で歩いたり、サンダル履きが多くなりがちですよね。

 

しかし、最近は夏場は冷房を入れている所が多く、フローリングの床やサンダル履きは、冷気が直に足の裏を冷やし、全身の冷えの原因になります。

 

体が冷えると、血流の低下を招き、必要な栄養素が届かないばかりか、足の裏が潤いを失くし、乾燥を招いてしまうことになります。

 

フローリングの床を歩く際は、スリッパや布ぞうりを履くなどし、直接足が冷えないように気を付けましょう。

 

また、サンダル履きの場合は、自宅に帰ってきたら足湯で温めたり、マッサージや保湿クリームを塗るなどして足のケアに努めましょう。

 

 

<足の裏の乾燥原因 
 その2:健康サンダル>

 

足の裏のツボを歩きながら刺激出来て、一石二鳥!とのことで人気の高い健康サンダル。

 

しかし、健康サンダルのイボイボに全体重が掛かってしまう為、その刺激から足の骨を守ろうとして、足の角質が硬く、厚くなり易くなります。

 

足の裏の角質が硬く厚くなることで、新陳代謝が悪くなり、冷えを誘発することによって足の裏が乾燥すると、足のひび割れや出血を招いてしまうことがあるそうです。

 

健康サンダルで不健康になったら、意味がありませんよね。

 

とはいえ、どうしても健康サンダルを履きたいのであれば、座った時など、体重が分散されている時だけにしたほうが良いようです。

 

 

<足の裏の乾燥原因
 その3:角質の削り過ぎ>

 

角質ケアは非常に重要ではありますが、角質の削り過ぎは皮膚が痛むだけでなく、体の防衛本能から、逆に角質化が進んでしまうこともあるようです。

 

角質化が進むことで、新陳代謝や血行が悪くなり、足の裏の乾燥が進みやすくなってしまいますので注意が必要です。

 

なお、入浴中など足の裏が濡れている時に角質を削ると、つい削り過ぎてしまうこともあるそうです。

 

角質を削ることは悪いことではなく、古い角質を除去する意味でも重要ではありますが、足の裏をしっかり乾燥させてから、優しく削るようにしましょう。

 

 

<足の裏の乾燥原因
 その4:水虫>

 

同じ靴を履き続けたり、足の裏を不衛生な状況にしておくと、白癬菌という菌が繁殖し、水虫になってしまいます。

 

水虫は進行すると角質増殖型に進化し、かゆみはほとんど無くなりますが、足の裏から足のふちまでガサガサになり、角質が硬く厚くなるそうです。

 

こうして角質が厚くなると、皮膚の水分量が不足する為、足の裏が乾燥し、ひび割れや出血するようになってしまうそうです。

 

また、硬くなった角質がタコや魚の目も招き易くなるという悪循環になりますので、注意が必要です。

 

靴は2,3足をローテーションで履くよくにして、前日の靴の汗を乾燥させ、足を毎日石鹸で洗うなどして清潔に保つようにしましょう。

 

 

<足の裏の乾燥原因
 その5:加齢>

 

歳を重ねることで、肌のターンオーバーが滞るようになると、足の角質の新陳代謝も悪くなり、足が乾燥しやすくなります。

 

歳を重ねることを止めることは出来ませんので、足の裏の潤いが無くなってきたな、と思ったら、尿素配合のクリームを塗ったり、靴下を履くなどして、足の裏の乾燥から自衛するようにしましょう。


スポンサーリンク