足の裏が赤い

スポンサーリンク

足の裏の赤い症状は「しもやけ」!?

なんだか足が痒いなぁ、と足の裏を見ると、赤い発疹や腫れがあった!なんてことはありませんか?

 

放っておくと重症化し、水泡やただれが生じ、治療が難しくなるそうです。それにしても、寒い環境や冬でもないのに、しもやけになるものなのでしょうか?

 

 

<足の裏が赤い原因は、
 しもやけですか?>

 

しもやけは寒い環境で起こりやすい肌トラブルとして知られていますが、実は通年を通して発症しやすく、生活習慣や体質も関係するそうです。

 

血管は寒さを感じると、素早く収縮し、動脈は暖められるとすぐに元に戻りますが、静脈はなかなか戻らないそうです。

 

この血管が戻る時間差により、血液の循環が滞り、足の裏などの体の末端まで栄養が行き届かなくなり、しもやけになってしまうそうです。

 

しもやけには大きく二つのタイプがあり、手や足の裏などが赤い色になり、熟れた柿のように膨れ上がる「樽柿型」と、手足の指は足の裏などに赤い発疹が出る「多形滲出性紅斑(たけいしんすつせいこうはん)型」があるそうです。

 

どちらも酷くなると水泡が生じ、それが破れてただれを起こし、治療が難しくなってしまうそうです。

 

足の裏が赤かったり、痒みを感じた場合は、すぐに皮膚科を受診するようにしましょう。

 

 

<足の裏が赤い症状の、
 しもやけの原因とは?>

 

それでは、なぜ寒い環境でもない時にも足の裏が赤い症状の「しもやけ」になってしまうのでしょう?

 

その原因としては、以下のことが考えられているようです。

 

1.足を圧迫するハイヒールなどで血管が圧迫され、血液の流れが阻害されるため。

 

2.炊事や洗濯で肌が濡れやすい状態のまま放置し、水分の蒸発と共に体温も奪われ、肌が冷えるため。

 

3.運動して汗をかいた後、湿ったままの洋服や靴下を着続けて、体が冷えてしまうため

 

4.元々冷え症があるため

 

 

<足の裏が赤い症状の、
 しもやけの症状とは?>

 

それでは、具体的にしもやけになるとどのような症状が起こるのか、具体的に見てみましょう。

 

1.手や足の裏、又は手足全体が赤い色になり、腫れた状態になっている

 

2.手足の指や手のひら、足の裏に赤い発疹がある

 

3.手足の指が赤黒く変色している

 

4.靴を履いたり、歩く時に痛みを感じる

 

5.痒みが酷く、特に暖かいと痒くなり、寒いと痛くなる

 

 

<足の裏が赤い症状の、
 しもやけの治療法とは?>

 

足の裏が赤い症状のしもやけの治療には、まず足の裏など末梢の血行を良くすることが重要です。

 

よって、毛細血管を拡張する効果があるというビタミンEを内服したり、ビタミンEやヘパリン類似物質配合のクリームを塗ります。

 

また、足の裏の赤い症状からくる痒みを抑える為、ステロイド外用剤を塗ります。

 

強い痒みがある場合は、掻きむしると更に症状が悪化しますので、抗ヒスタミン剤を服用します。

 

治療法はしもやけの状態に寄りますので、是非専門医療機関を受診し、適切な治療を行うようにしましょう。


スポンサーリンク