肉離れのテーピング法

スポンサーリンク

肉離れを予防するテーピング法とは?

肉離れの治療法は、保存療法による自然治癒を促すことで治療していきますが、その際によく使われるのがギブスとテーピングです。

 

テーピングにはいくかの目的があると言われていますが、どのようなものがあるのでしょう?

 

そして、何より肉離れを予防するようなテーピング法とはどのようなものなのでしょうか?早速見てみましょう!

 

 

<肉離れのテーピングの目的とは?>

 

肉離れを発症してしまった場合のテーピングの目的は、以下4つと考えられているようです。

 

1.発症直後の応急処置としてのテーピング

 

2.保存療法中の筋肉の収縮を制限する為のテーピング

 

3.肉離れの再発を防止する為のテーピング

 

4.関節や靭帯を守る為のテーピング

 

これらの目的により、テーピングの仕方は分かれるようですが、最も良く用いられるのは、肉離れの再発防止の為のテーピングと言われています。

 

再発防止とありますが、肉離れの予防としても大変役立ちます。

 

一度肉離れになると、酷い場合は完治まで長い期間が掛かりますし、なにより痛く不自由な生活を強いられます。

 

そんな肉離れにならないよう、肉離れを予防するテーピングで、スポーツを楽しみたいものですよね。

 

それでは、肉離れを予防するテーピング法を見てみましょう!

 

 

<肉離れを予防するテーピング法とは?>

 

まずは、非収縮テープ、収縮テープ、くっつくバンテージを用意します。

 

1.アンカー

 

まずは、筋肉を緩めた状態にし、痛みがある部位を中心に太ももの外側と内側に収縮テープを貼ります。

 

これをテーピング用語で「アンカー」と言います。テーピングをする為の基点、という意味です。

 

最初に巻くテーピング、とも言えますね。

 

 

2.Xサポート

 

次に、左右のアンカーに掛かる長さにテープを切り、痛みのある部位にXの真ん中が来るようにし、斜めにX型にテープを貼ります。

この時、筋肉を寄せ、斜め上方向に引っ張りながらテーピングすることがポイントです。

 

X型にアンカーをサポートする、と言う意味で、テーピング用語で「Xサポート」と言います。

 

分かり易いですね。

 

 

3.横サポート

 

最後に左右のアンカーに掛かる長さにテープを切り、テープの幅が半分重なるようにして横方向にテープを貼ります。

 

Xサポートより強く引っ張りながら貼れば、固定力が高まり、より肉離れを防ぐことが出来るようですよ。

 

割と簡単に出来ますよね☆ 尚、最近はテーピング理論を利用したバンテージも販売されているようです。

 

毎回テープを張る手間や、コスト面から考えると、バンテージも肉離れ予防グッズの候補に入れてみてもいいかもしれませんね。

 

 

<肉離れのテーピングの注意点>

 

さて、上記テーピングによって肉離れを防ぐことが可能になりますが、注意点もあります。

 

テーピングを長く着けていると、肌がかぶれてきます。運動する時だけ巻くようにし、運動終了後はすぐに外すようにしましょう。

 

また、肉離れが怖いからといって、やたらとテーピングをするのも、足の筋肉を付けることを阻害します。

 

テーピングは肉離れを起こしそうな、激しい運動をする時に留め、ストレッチや緩やかな運動をする場合は、テーピングはしないほうが良いようです。

 

ご自分の行うスポーツの内容を考えながら、上手にテーピングを取り入れ、肉離れを防ぐようにしましょうね☆


スポンサーリンク