肉離れの症状とは?

スポンサーリンク

肉離れの症状とは?

肉離れと一言で言っても、軽い症状から激痛が走り、歩けないくらいの重傷まで様々です。

 

医学的には肉離れの症状は3段階に分けられると言われています。

 

肉離れの3段階の症状とは、どのように分けられるのか、
早速見てみましょう!

 

 

<肉離れの症状:軽症>

 

筋肉の組織が少し伸びており、痛みは少々感じますが、歩行や運動にも支障がないレベルです。

 

部分的に筋肉繊維に小規模の断裂が見受けられますが、問題ない程度だと言えましょう。

 

基本的にしばらく安静にしていれば、自然治癒力により完治する状態です。

 

 

<肉離れの症状:中程度>

 

筋肉繊維が一部断裂が起き、筋膜が損傷したり、皮下内出血を起こしている状態です。

 

患部に痛みを感じる為、歩行にも障害が出てきています。また、運動は我慢すれば出来ますが、かなり厳しい状態です。
いつまでも引かない内出血が見られる場合、この中程度と判断出来ます。早めに医師の診断を受けるようにしましょう。

 

尚、筋肉痛と症状が似ていますが、筋肉痛は後から痛みが発生する点や重症度が違いますので、そこで区別されるようです。

 

 

<肉離れの症状:重症>

 

筋繊維に深い部分断裂が起き、患部を指で押しながら圧迫すると、指で押した部分が陥没します。

 

この陥没は、筋繊維に部分断裂が多く発生しており、より重症であることを意味しています。

 

この段階になりますと、痛みの度合いも激痛となり、自力で歩くことすら困難になります。

 

また、筋繊維の断裂が複数個所に及ぶと、肉離れが複数個所に発生し、耐え難い痛みを伴うことがあると言われています。

 

更に酷い場合は、断裂した筋肉を縫合する処置も必要になるケースもあるそうです!

 

スポーツへの復帰時期も、上記に記載した軽症や中程度に比べると、肉離れの症状が重度になった場合は倍以上の時間が掛かるそうです。

 

肉離れの完治までには、最低でも2カ月は掛かると言われているそうです。結構掛かりますね。。。

 

ここまで症状が悪化した場合は、我流の治療は止め、すぐに医師の診察を受けるようにしましょう。

 


スポンサーリンク