肉離れの治療期間

スポンサーリンク

肉離れの治療期間はどのくらい?

肉離れになると、症状にもよりますが、完治するまでかなり長い時間とリハビリが必要になると耳にします。

 

一般的に、肉離れになった場合、どのくらいの治療期間が掛かるのか、症状の度合い別に見ていきましょう。

 

 

<肉離れの治療期間:軽度の場合>

 

肉離れの症状:部分的に小規模の断裂は起きており、痛みはありますが、歩くことが出来る状態です。

 

治療期間:完治までには2週間程度掛かります。

 

 

<肉離れの治療期間:中度の場合>

 

肉離れの症状:筋肉組織が一部断裂し、筋膜の損傷や内出血が起こっています。痛みがあり、歩くことが難しくなります。

 

治療期間:完治までには1〜2カ月程度掛かります。

 

 

<肉離れの治療期間:重度の場合>

 

肉離れの症状:筋繊維に深い部分断裂があり、患部を指で押して圧迫すると陥没します。痛みも非常に激しく、自力歩行はほぼ不可能になります。

 

治療期間:完治までには早くても3か月以上、遅い場合は半年くらい掛かります。

 

 

※くどいようですが、これらはあくまで目安であり、患者さんの年齢や健康状態、治療の進行具合によって変わりますので注意して下さいね。

 

 

<治療期間の肉離れの注意事項>

 

肉離れを起こし、断裂した組織が修復されたり、細胞のロールオーバーで筋組織が入れ替わるまでの治療期間中は、本来の筋肉の収縮性や耐久性が非常に弱い状態です。

 

特に肉離れを起こしてから3か月以内は、もっとも再発し易い期間と言われています。

 

また、治療期間中に肉離れを再発した場合、最初に肉離れになった時よりも重症化することが多く、回復期間も長く掛かることが多いようです。

 

日頃から体を鍛えているスポーツ選手の場合でも、通常は、とても軽度な損傷でも完治までには4週間程度かかり、それよりも早期に復帰させると、再発する可能性が高くなるそうです。

 

スポーツ選手でも肉離れの治療には時間が掛かるのですから、一般の人はそれ以上に治療期間が長くなるのが分かりますよね。

 

一般的にしっかりした治療と回復訓練をすれば、半年くらいすれば元の状態に回復出来ますので、肉離れの治療期間はしっかりと治療に専念しましょう。

 


スポンサーリンク