足の甲にシコリ

スポンサーリンク

足の甲にシコリが出来るガングリオンとは?!

足首や足の指の付け根、足の甲にシコリが出来、靴を履く時に邪魔だったり、靴で圧迫されて痛みやしびれが出ることもあるそうです。

 

そんな、足の甲にシコリが出来る症状をガングリオンと呼ぶそうですが、悪性だったり、何かの病気の前兆だったりするのでしょうか?

 

あまり良く知られていない、足の甲にシコリが出来る、ガングリオンについて、詳しく見てみましょう!

 

 

<足の甲にシコリが出来る、
 ガングリオンとは?>

 

足の甲にシコリが出来る、ガングリオンとは、主に関節部分に出来る良性の腫瘍で、関節液が濃縮されて出来た「しこり」のようなものだそうです。

 

発生箇所は、足首や足の指の付け根、指先や足の甲など、様々な場所に出来る可能性があり、稀に足の裏にも出来ることがあるようです。

 

ガングリオンは、病気の前兆や悪性の腫瘍など害があるものではないので、痛みやしびれが出なければ、放っておいても問題ないそうです。

 

ただ、足の甲にシコリが出来たことで、靴などで圧迫され、痛みやしびれが出た場合は、治療の必要があります。

 

治療法については、後程記載しますので、まずは足の甲にシコリが出来る、ガングリオンの原因について見てみましょう。

 

 

<足の甲にシコリが出来る、
 ガングリオンの原因とは?>

 

ガングリオンの発症原因は、残念ながら現代の医学では解明されていないそうです。

 

ただ、いくつか原因ではないか、という説が以下の通りあるそうです。

 

1.関節の使いすぎ

 

ガングリオンは関節部分に発症することが多い為、関節の使いすぎで発症するのではないか、と言われているそうです。

 

また、重い物を急に持ったり、捻った時に関節に衝撃が掛かったことでも発症するとも言われているそうです。

 

 

2.ストレス

 

人はストレスを感じると、血液やリンパの流れが悪くなり、血行傷害が起こりやすくなるそうです。

 

血行障害が起こると、関節部分に老廃物が溜まり、コブのようになることから、足の甲にシコリが出来る、ガングリオンが発症してしまうようです。

 

ストレスは万病の元で、ガングリオンだけでなく、様々な体の部分に影響をもたらしますので、要注意と言えますね。

 

 

<足の甲にシコリが出来る、
 ガングリオンの治療法とは?>

 

足の甲にシコリが出来る、ガングリオンの治療法は、以下の方法が行われているそうです。

 

1.注射:ガングリオンのゼリー状になっている中身を、注射器で吸い出すという方法です。

 

2.圧迫:ガングリオンを圧迫して押しつぶす方法です。潰されたガングリオンは体内に吸収されるそうです。

 

3.手術:ガングリオンが出来た部分を切開し、ガングリオンの中身であるゼリー状の袋ごと除去する方法です。

 

4.レーザー:低出力半導体レーザーをガングリオンに照射し、ガングリオンを治す方法です。

 

 

如何でしょう?様々な治療法がありますよね。ただ、ガングリオンは放置していると勝手に消えることもあるので、痛みがなければ放置するという方法もあります。

 

どのような方法で治療するにせよ、医師の診断と助言の元、適切に治療するようにしましょう。

 


スポンサーリンク