足の甲が寒い

スポンサーリンク

寒いと感じたら、足の甲にお灸?

寒い冬はもちろんのこと、夏でも部屋や電車、デパートなどでもガンガンに冷房が掛かっていることが多く、寒さで足の甲まで冷えてしまうことはありませんか?

 

そんな寒い環境での足の甲や指などの足の冷えは、女性の場合、卵巣や子宮の働きに影響し、ホルモンバランスを崩したり、益々冷えを感じる体になってしまうそうです。

 

足の甲などが寒いと感じたら、靴下の重ね履きや足湯、靴用のカイロ、こたつや電気カーペットなど、様々な保温グッズで足を暖めますよね。

 

でも、実は、足の甲にお灸をすえるだけで、寒いと感じる冷えが解消されることをご存じですか?

 

それでは、寒さを感じた時、足の甲にお灸をすえると冷えが解消される理由と、冷えが解消されるお灸のツボについて、見てみましょう!

 

<足の甲にお灸をすえると
 冷えや寒さが解消される?>

 

足に冷えや寒さを感じる方は、足の甲にある中足骨の間が狭くなっていることが多いそうです。

 

この中足骨の間が狭くなることで、足首の関節の動きが悪くなり、関節の動きが悪くなることで血流が滞り、足の冷えや寒いと感じるようになる、と言われています。

 

実は足の甲には足だけでなく、体全体を暖めるツボが多くあり、しかも単にツボを直接押すよりも、お灸でじんわり時間を掛けて刺激するほうが効果的だそうです。

 

お灸といえば、お年寄りのリウマチの治療とか、何かの罰のような感じがしますが、実は冷えや寒さにも効果的なのですね。

 

<足の甲の冷えや寒さが解消するツボ 
 その1:八風(はっぷう)>

 

足の親指から小指までの、それぞれの指の付け根の間にあるツボを「八風」と呼ぶそうです。

 

丁度足の裏と表の境の足の甲に両足で8つあることから、八風と名付けられたそうです。

 

 

<足の甲の冷えや寒さが解消するツボ 
 その2:三陰交(さんいんこう)>

 

足の内側のくるぶしのてっぺんから、さらに8〜9cmほど上のほうに位置するツボを「三陰交」と呼ぶそうです。

 

すね骨のすぐ後ろにありますので、見つけやすいですね。

 

 

<足の甲の冷えや寒さが解消するツボ 
 その3:太衝(たいしょう)>

 

足の親指の付け根から5〜6cmほどの場所にあり、親指と人差し指が合わさる所に位置するツボを「太衝」と呼ぶそうです。

 

 

如何でしょう?すぐに見つかる場所ばかりですよね。最近は煙が出ないお灸や、臭いや熱さがマイルドなお灸も発売されているようです。

 

初めての方は、その場所がツボなのか、ちょっと自信がない方もおられると思います。

 

そんな時は、専門家の所でお灸をすえて貰い、慣れてきたら自分でやってみるのも良いでしょう。

 

女性にとって冷えや寒いと感じる状況は、万病の元です。是非足の甲の冷えや寒さが解消するツボにお灸をすえ、冷え知らずの体を作りましょう!


スポンサーリンク