足の甲の内出血

スポンサーリンク

足の甲に内出血を起こす病気とは?!

特にどこかにぶつけた覚えがないのに、足の甲や腕、お尻などに内出血を起こしたことはありませんか?

 

その足の甲などへの内出血は、アレルギー性紫斑病であることが多く、特に子供に多く見られる症状だそうです。

 

足の甲などに内出血を起こすという、アレルギー性紫斑病とは、どのような病気なのでしょう?早速見てみましょう!

 

 

<足の甲の内出血を起こす、
 アレルギー性紫斑病とは?>

 

足の甲などへの内出血を起こすと言われる、アレルギー性紫斑病とは、皮膚や関節、消化器や腎臓などの血管が炎症を起こしたことにより、血液が漏れる病気だそうです。

 

アレルギー性紫斑病の紫斑とは、内出血したあざのことを言うそうです。

 

3〜15歳くらいの子供に多く、特に3〜10歳の男の子に、最も多く発症するそうです。

 

アレルギー性紫斑病に掛かった子供の半数が腎臓病を発症する為、紫斑病性腎炎と呼ばれるそうです。

 

ほとんどの子供は紫斑病性腎炎を発症しても完治しますが、残念ながら1〜2%の子供は腎不全を発症してしまうそうです。

 

腎不全になる確率は少ないとはいえ、油断できない病気と言えますね。

 

 

<足の甲の内出血を起こす、
 アレルギー性紫斑病の症状とは?>

 

最初は足の甲や足、腕やお尻などの皮下に血液が漏れ出し、内出血が出来ます。その後、その内出血は数日経つと盛り上がって硬くなるそうです。

 

また、数週間で次々と小さな内出血の箇所が増え、更に関節が腫れて痛みが出たり、熱が出ることもあるそうです。

 

かなり大変な症状が起きますが、大抵は1か月ほどで完治するそうです。

 

 

<足の甲の内出血を起こす、
 アレルギー性紫斑病の原因とは?>

 

足の甲などへの内出血を起こす、アレルギー性紫斑病は、名前の通り、様々な種類のアレルギーが原因と考えられています。

 

1.食物アレルギー:卵、牛乳、魚、小麦、トマト、じゃがいもなどがアレルゲンと考えられています。

 

2.薬物アレルギー:ペニシリン、アンピシリン、エリスロシンなどの抗生物質などがアレルゲンと考えられています。

 

3.感染症によるアレルギー:マイコプラズマ、レジオネラなどの溶連菌、B型肝炎ウイルス、水筒などのウイルスがアレルゲンと考えられています。

4.その他のアレルギー:虫刺されによるアレルギー反応や、予防接種の後に発症することがあります。

 

 

<足の甲の内出血を起こす、
 アレルギー性紫斑病の治療法とは?>

 

まずはアレルゲンを取り除くことが大切です。その後、足の甲などへの内出血を抑える為に、止血材や抗アレルギー薬などで治療するそうです。

 

また、炎症を抑える為や、腹痛が酷いなどの重症である場合は、にステロイドを使用します。

 

腎炎を合併した場合は、治療も複雑になり、安静が必要になりますし、完治までには時間がかかります。

 

また、慢性化する場合もありますので、肝炎を合併した場合は、医師の指示に従い、更に十分注意しましょう。


スポンサーリンク