足の甲の黒ずみ

スポンサーリンク

足の甲の黒ずみを取る方法とは!?

夏になると、肌を出す機会が増えますが、その時気になるのが足の甲やひざ、くるぶしなどの黒ずみ。

 

折角夏らしい、素敵なファッションに身を包んでも、足の甲やひざに黒ずみがあると、残念な感じになりますよね。

 

そんな足の甲やひざなどの黒ずみを取る方法とは、どのようなものがあるのでしょう?

 

また、そんな足の甲やひざの黒ずみはそもそもどうして出来るのでしょう?詳しく見てみましょう!

 

 

<足の甲の黒ずみはどうして出来るの?>

 

足の甲などの黒ずみは、汚れではなく、日々の生活での「摩擦」によって起こる、色素沈着が原因だそうです。

 

肌は摩擦に刺激を受けると、メラノサイトという成分が活性化してしまい、メラニン色素が大量分泌して肌を守ろうとするそうです。

 

そのメラニン色素が大量に分泌されることで、足の甲などの黒ずみが生まれてしまうというメカニズムなのです。

 

よって、床に直に座ったり、冬はこたつを愛用するなど、椅子やソファーを使わない和風の生活習慣の方は摩擦が起きやすく、足の甲に黒ずみが出来やすくなるのです。

 

また、ナイロンタオルで気になる足の甲などの黒ずみ部分を、ゴシゴシ洗うことも、摩擦を起こし、同様に足の甲の黒ずみを更に悪化させる結果になってしまうのです。

 

メラニン色素といえば、日焼けをした時くらいしか考えませんが、肌への過剰な摩擦による刺激でも、日焼けのような症状が起こるとは、ちょっと驚きですね。

 

 

<足の甲の黒ずみを取る方法 
 その1:肌に刺激を与えない>

 

まずは、足の甲への刺激を防ぐような生活習慣を身に付けることが大切です。出来ればテーブルや椅子を使い、床に直に座る事を止めましょう。

 

また、お風呂で体を洗う際は、ナイロンタオルでごしごし洗わず、手か絹などの柔らかいタオルで、クリーミーに泡立てた石鹸で撫でるように洗いましょう。

 

 

<足の甲の黒ずみを取る方法 
 その2:保湿する>

 

足の甲などの肌への刺激を与えないようにし、清潔に保ったら、次は保湿をきちんと行うようにします。

 

保湿された瑞々しい肌は、新陳代謝が良くなり、古い肌から新しい肌への再生力を高める力があります。

 

ボディ用の美白ローションや保湿クリームなどを上手に使用していけば、肌の再生力により、足の甲の黒ずみも少しずつ取れていくそうですよ。

 

 

<足の甲の黒ずみを取る方法 
 その3:マッサージする>

 

足の甲の皮膚が硬くなると、黒ずみもなかなか取れないどころか、更に症状が進んでいくと言われています。

 

その為、お風呂上りの皮膚が柔らかくなった段階で、尿素配合クリームなどを塗りながら、足の指からくるぶしに向けて、足の甲をマッサージしましょう。

 

この足の甲へのマッサージは、角質肥厚を防ぎながら、古い角質を肌の再生力を利用しながら除去する働きもあるそうです。

 

肌の再生力を利用しながら、足の甲の黒ずみを取る方法ですので、即効性は薄いですが、長く続けることで、確実に足の甲の黒ずみが薄くなります。

 

是非毎日少しずつでも実行し、足の甲の黒ずみを取ることで、美しい足の甲を取り戻しましょう!


スポンサーリンク