足の甲が痛い子供

スポンサーリンク

子供が足の甲が痛いと訴える原因は?

子供が足の甲が痛いなどと親に訴え、慌てて医師の診断を仰いでも、『成長痛ですね』と処置されていた痛み。

 

実は、その痛みは『成長痛』ではない原因が元だった!という新説があるそうです。それでは一体、子供が足の甲が痛いと訴える真の原因は何なのでしょうか?

 

早速、詳しく見てみましょう!

 

 

<子供が足の甲が痛いと訴える原因は、
 成長痛ではない?>

 

成長痛とは、2歳から小学生くらいの成長期の子供に多く見られる症状で、足の甲を始め、様々な足の激しい痛みを訴える症状を言うそうです。

 

この成長痛は、子供の成長に伴い、骨や筋肉などが成長することから、成長ホルモンが多く分泌される夜に激しい痛みを発症する、ということが定説になっていました。

 

しかし最近では、元々骨の成長は自然現象であり、痛みは引き起こされず、X線などで検査しても異常は認められないことがほとんどであることから、この定説は覆されてきたようです。

 

実は子供が足の甲が痛いと訴える理由は『骨の成長』によるものではなく、『疲労』から来るものである、という新説が最近では多く広まってきたようです。

 

 

<子供が足の甲が痛いと訴える
 真の原因とは?>

 

子供の骨の成長を促す「骨端」という部分は、柔らかい軟骨で出来ている為、過度の運動による負荷で、炎症を起こしやすいと言われています。

 

そのため、野球やサッカーなどのスポーツに打ち込んでいる子供は、『骨端』の炎症から、足の甲が痛いなどの痛みを訴えるというのが真の原因のようです。

 

ちなみに、夜に痛みを訴えることが多いのは、静かな環境により日中より気を取られることが少ない為、少しでも痛みがあると、日中以上に痛みを増幅して感じてしまう為のようです。

 

そんな夜でも、友人と一緒だったり、ゲームなどに熱中している時は、足の甲が痛いなどと訴える子供は少ない為、「仮病?」と思いがちですが、実は精神状態が痛みを感じなくさせているだけなのです。

 

尚、子供が足の甲が痛いなどと痛みを訴えたら、アイスノンなどで冷やしたり、手でさすってあげるようにしましょう。

 

鎮痛剤などを使わなくても、精神的なもので痛みが緩和されることもありますので、出来るだけ薬は使用せず、愛情で治してあげましょう。

 

 

<子供が足の甲が痛いと訴える、
 他の原因とは?>

 

上記のように、子供の成長期に過度の運動を行ったことが原因の、足の甲が痛いなどの症状の他に、別の原因があるそうです。

 

以下はその原因とみられる病気ですので、間違えないように注意しましょう。

 

1.オズグッド・シュラッター病:主に膝の痛みを訴えます。

 

2.ペルテス病:股関節に痛みが出ます。

 

3.第一ケーラー病:足の甲に痛みが出ます。

 

4.第二ケーラー病:足の指の付け根に痛みが出ます。

 


スポンサーリンク