足の甲の筋肉

スポンサーリンク

足の甲の筋肉を鍛える方法とは?!

最近、なんだか転びやすくなったり、部屋の敷居や絨毯の小さな段差で、躓きやすくなったことはありませんか?

 

躓いたり、転びやすくなるのは、つま先が十分に上がっていないことが原因ではありますが、これは足の筋肉の低下が根本原因と言われています。

 

足の甲の筋力をUPさせるには、どのような方法があるのでしょう?そしてその注意点とは?早速見てみましょう!

 

 

<なぜ足の甲の筋肉は弱まってしまったの?>

 

足の甲の筋肉は、加齢や運動不足の他にも、現代出の生活習慣にも筋力が弱まる原因があると言われています。

 

それは靴を履いた生活です。靴に閉じ込められた足は動かされず、筋肉が固まった状態になりやすくなるそうです。

 

しかも靴を履いて生活していれば、足の指に力を入れなくても歩けますし、立ててしまう。この状態を続けることで足の筋肉が衰え易くなり、正しいアーチが保てなくなってしまうそうです。

 

そうなると、足の甲や足の痛みやタコ、かさつきなどの様々なトラブルが出てしまうそうです。

 

それでは、足の甲の筋力を鍛える運動について、見てみましょう!

 

 

<足の甲の筋肉を鍛える運動 
 その1:つま先の上げ下げ>

 

1.まずはいすに浅く腰を掛け、息を吐きながら10秒くらい掛けて、片方のつま先をゆっくり上げていきます。

 

2.つま先を上げきった所で、10秒ほどその姿勢をキープします。

 

3.息を吐きながら、再び10秒くらい掛けて、ゆっくりと元の姿勢に戻ります。

 

この動作を左右10回ずつ行いましょう。

 

 

<足の甲の筋肉を鍛える運動 
 その2:足の甲のストレッチ>

 

1.床に座り、両足を伸ばした状態から、右足はそのまま伸ばし、左足は右ひざの上に乗せます。

 

2.左手で左ひざを軽く押さえ、息を履きながら右手で右足の甲を掴み、体の方に引き寄せます。

 

この動作を10回、反対側も同様に行いましょう。

 

 

<足の甲の筋肉を鍛える運動 
 その3:すねストレッチ>

 

1.床に座り、両足を伸ばした状態から、右足の指先を両手で持ちます。

 

2.右足の指先を折り曲げながら、息を吐きつつ、10秒くらい掛けてゆっくりとすねを床に向けていきます。

 

3.息を吐きながら、再び10秒くらい掛けて、ゆっくりと元の姿勢に戻ります。

 

この動作を左右10回ずつ行いましょう。

 

 

<足の甲の筋肉を鍛える上での注意点>

 

痛すぎるストレッチは、逆に足の甲の筋肉を傷めてしまいますので注意しましょう。

 

筋肉は急に伸ばさず、ゆっくりと少しずつ伸ばすようにしましょう。

 

・筋肉が硬すぎる方は無理をせず、息を上手に使いながら筋肉を鍛えましょう。息を吐きながらストレッチをすると、筋肉が緩みやすくなるそうです。


スポンサーリンク