足の甲の筋

スポンサーリンク

足の甲が痛くなる、足底筋膜炎とは?

普通に歩いたり、走ったりするだけで、足の甲や足の裏、かかと、土踏まず、指の付け根や指の間などが痛くなったりしたことはありますか?

 

その症状は足底筋膜炎の典型的な症状であり、悪化すると、何もしなくても足の甲などがジンジン痛かったり、しびれるような感覚になってしまうそうです。

 

そんな足の甲などに発症する、足底筋膜炎とはどのような原因で発症してしまうのか、早速見てみましょう!

 

 

<足の甲が痛くなる、
 足底筋膜炎とは何ですか?>

 

足の甲が痛くなる元となる、足底筋膜とは、かかとの骨と親指の付け根をつないでいる筋膜で、走る・歩くなどの動作をする際、スプリングのような役割を果たす筋膜と言われています。

 

その筋膜が長距離のランニングやウォーキングなどで足底部を使い過ぎたり、硬い靴底の靴を履いて長時間歩くことなどが原因となり、足の甲の痛みとなって発症することが多いようです。

 

また、足底部の使いすぎだけでなく、体重の増加による足底筋膜への負荷の増大や、老化による筋力の低下なども、足の甲の痛みを発症する、足底筋膜炎の原因とも言われているようです。

 

ただ、最近の研究では、ハムストリングやふくらはぎの緊張が続いた状態で運動をした時などの負荷が掛かった時や、関節の連動異常、ストレスなどの自律神経の乱れが原因によるものなど、様々な原因が取りざたされているようです。

 

なかなかこの足の甲が痛くなる、足底筋膜炎の原因は、一筋縄ではいかないもののようですね。

 

 

<足の甲が痛くなる、
 足底筋膜炎の症状とは?>

 

足底筋膜炎は足の甲などが痛くなる病気だと聞きますが、具体的にはどのような痛みがあるのでしょう?

 

症状として一番多く見られる現象は、起床後に足を踏み出す第一歩に激痛が走ると言われています。

 

痛む場所は足の甲だけではなく、かかとや土踏まず、指の付け根など、人によって痛みを感じる場所は様々だそうです。

 

ただ、この朝の痛みは持続する訳ではなく、歩行しているうちに痛みが和らいでいくことが多いそうです。

 

しかしこれで治るわけではなく、放っておくと慢性化し、日中の歩行時や長時間立っているなどで足を使う際、強い痛みが出てしまうそうです。

 

 

<足の甲が痛くなる、
 足底筋膜炎の治療法とは?>

 

軽度の足底筋膜炎の場合、安静にしていれば、徐々に足の甲の痛みは軽減し、完治することも多いようです。

 

しかし痛みが酷かったり、症状が続く場合は、湿布やステロイド剤を投与したり、アイシングやマッサージをすると効果的だそうです。

 

また、筋膜への負担を和らげる、クッション性のあるインソールを靴の中に挿入することもお薦めな方法です。

 

ただ、慢性化していまい、重症化した場合は、手術が必要となってしまうこともありますので、ここまで酷くなる前に、足の甲が痛い症状が出たら、足底筋膜炎を意識しつつ、医師の診断を仰ぐようにしましょう。


スポンサーリンク