足の甲の違和感

スポンサーリンク

足の甲の違和感は坐骨神経痛が原因?

足の甲や腰からお尻、太腿の前やひざの前、すねや足の甲などに痛みやしびれを感じたことはありますか?

 

その症状は、もしかしたら、坐骨神経痛が原因かもしれません。坐骨神経痛とは、どのような病気なのか、早速見てみましょう!

 

 

<足の甲に違和感を感じる、
 坐骨神経痛とは何ですか?>

 

足の甲などに違和感を感じる坐骨神経痛は、腰から出ている坐骨神経という、体の中で最も太い神経が、何等かの原因で圧迫や刺激を受けることで、痛みやしびれを起こす症状だそうです。

 

最初はお尻の奥に硬いコリを感じ、そのまま放っておくと、徐々に症状は下の方に下りて行き、太ももの付け根からひざ、ふくらはぎ、足の甲、つま先へと痺れや痛みを感じるようになるそうです。

 

殆どの場合、体の右側か左側のどちらかに症状が出ることが多いそうですが、稀に両側に症状が出ることもあるそうです。

 

ここまで悪化してしまうと、日常生活にも支障が出ますので、少しでも体に違和感があったら、なるべく早く医師の診断を受けるようにしましょう。

 

 

<足の甲に違和感を感じる、
 坐骨神経痛の症状とは?>

 

それでは、足の甲などに違和感を感じる、坐骨神経痛の具体的な症状を見てみましょう。

 

1.腰やお尻に痛みやコリ、違和感を感じることがある

 

2.お尻に違和感を感じ、なんとなく叩いてみたくなる

 

3.お尻や太ももの前後や横、ふくらはぎ、すね、つま先、足の甲に痛みやしびれ、違和感を感じる

 

4.腰を曲げる時痛みを感じることが多く、曲げにくくなる

 

5.足や膝に力が入らなくなり、膝が抜けるように感じることがある

 

6.つま先立ちがしにくくなる

 

7.腰や足の柔軟性が低下し、硬くなってきた気がする

 

8.平らな場所でも躓き易くなった

 

9.痛みが強く、歩くことも困難になってきた

 

10.股関節の動きが悪く、違和感を感じることがある

 

 

<足の甲に違和感を感じる、
 坐骨神経痛の原因とは?>

 

坐骨神経痛の原因は、椎間板ヘルニアや梨状筋症候群、脊椎管狭窄症、腰椎分離、すべり症、腫瘍、腰を支える筋肉疲労などが考えられます。

 

何が原因かは、病院でMRIやレントゲンを取ることで判明するそうです。上記の症状に心当たりがあれば、直ぐに病院に行きましょう。

 

 

<足の甲に違和感を感じる、
 坐骨神経痛の対策とは?>

 

まずは医師の指示に従いながら、腰に負担を掛けない行動をとるようにしましょう。

 

また、腰から太もも、ふくらはぎへのストレッチも効果的だそうですので、お風呂上りなどに是非行いましょう。

 

ただ、痛みやしびれが強い時、体を反らした時に痛みがある時などは、ストレッチは逆効果になりますので、安静を保つようにしましょう。

 


スポンサーリンク