足の甲が痛い、腫れる

スポンサーリンク

足の甲が痛い、腫れる原因は有痛性外脛骨?

成長期の子供やアスリートに多い、足の甲が痛い、腫れるなどの原因は、有痛性外脛骨(ゆうつうせいがいけいこつ)という障害であることが多いそうです。

 

有痛性外脛骨とは、一体どのような原因で発症し、どのような治療法があるのでしょうか?

 

 

<有痛性外脛骨とは何ですか?>

 

有痛性外脛骨とは、運動中や運動後などに、外脛骨と呼ばれる足の甲が痛いとか、腫れ、熱を持つ、骨が飛び出すなどの症状を起こす傷害を言うそうです。

 

外脛骨は、舟状骨の内側後方に位置する、通常は見られない余分な骨の1つで、日本人の約15%に存在する骨だそうです。

 

この骨に何らかの不可が掛かると、炎症を起こし、足の甲が痛い症状や腫れなどの症状が出てしまうようです。

 

<有痛性外脛骨の原因とは?>

 

足の甲が痛い、腫れるなどの症状を引き起こす、有痛性外脛骨の原因は、以下のものが考えられているそうです。

 

1.陸上・サッカー・バスケットなどの、よく走る競技による過度の使いすぎにより、下肢の筋肉が硬くなり炎症を起こしてしまう。

 

2.捻挫などの外傷によるもの

 

3.足に合っていない靴やキツイ靴などによる外的ストレス

 

4.偏平足や回内足などによる、外脛骨への過度の負担

 

5.成長期による足の骨への負荷

 

如何でしょう? 心当たりがある原因はありましたでしょうか? もし心当たりがあるようでしたら、直ぐに医師の診断を受け、適切な治療を行うようにしましょう。

 

 

<有痛性外脛骨の治療法とは?>

 

まず、足の甲が痛い状態が続く場合は、運動を中止し、安静にするようにします。

 

また足の甲が痛いだけでなく、炎症が強く、腫れや熱を持っている場合は、腫れた部分を氷のうやタオルに巻いた保冷剤で冷やします。

 

ある程度冷やし、炎症が弱まってきたら、湿布や消炎鎮痛剤などを使い、対処するようにします。

 

足の甲が痛い症状や腫れがある程度治まってきたら、患部を圧迫するような靴は避け、衝撃を吸収するようなインソールを入れたり、幅の広い靴を履くなどで様子を見ます。

 

また、足の裏の筋力強化を図ったり、ストレッチをして筋肉をほぐすことも有効です。

 

ただ、このような対処をしても、痛みが治まらない場合や、再発を繰り返す場合は、外脛骨を取り除く手術をすることもあるそうです。

 

殆どの場合は、手術までせずとも足の機能を正しく戻せば、外脛骨による足の甲が痛い症状や腫れを改善することは可能です。

 

足の使いすぎや履いている靴に気を付け、足のストレッチや筋力強化をしつつ、足の甲が痛い症状や腫れの有痛性外脛骨にならないよう、心がけましょう!

 


スポンサーリンク