足の甲のブツブツ

スポンサーリンク

足の甲のブツブツは日光じんましん?!

春や夏などで肌を出す機会が多くなると、足の甲など、太陽に直接当たった部分にブツブツと盛り上がった湿疹が出来たことはありますか?

 

また、単に足の甲などにブツブツが出来るだけでなく、頭痛や吐き気などが起き、場合によってはショック症状も出てしまうとか。

 

そんな足の甲にブツブツが出来る原因である、日光じんましんとはどのようなものなのか、詳しく見てみましょう!

 

 

<足の甲などにブツブツが出来る、
 日光じんましんとは何ですか?>

 

足の甲など、太陽に直接当たった部分がブツブツが出来、痒くなるじんましんを、日光じんましん(=太陽アレルギー)と呼ぶそうです。

 

この症状は、特に4〜9月あたりの、強い紫外線が発生しやすい時期に多く、皮膚が赤みを帯びたり、ブツブツとじんましん状の発疹が出来たり、痒みを伴ったりするそうです。

 

足の甲などにじんましんが出来やすい方は、太陽光線に当たった数秒後に発症し、10分以内にはピークになり、その後1時間以上は症状が続くと言われています。

 

人によっては、放置すると症状が悪化する方もいますが、たまに症状が出るくらいという、比較的軽い方もおられるようで、かなり個人差があるようです。

 

また、足の甲などにブツブツが出来る、日光じんましんは、痒みが出ることが多く、掻いてしまうと肌を痛めるのと同時に、更に痒みが増幅され、症状を悪化させてしまうことが多いようです。

 

更に、足の甲のブツブツが出来るだけでなく、頭痛や吐き気、腹痛や下痢などの書状を併発することが多く、場合によってはショック症状を伴う危険もあるようでです。

 

足の甲にブツブツが出来、これらの症状があるようでしたら、速やかに近くの病院で受診するようにしましょう。

 

 

<足の甲などにブツブツが出来る、
 日光じんましんの治療法とは?>

 

足の甲などにブツブツが出来る原因は、直射日光による紫外線が皮膚に刺激を与え、ヒスタミンが過剰に分泌することで発症すると言われています。

 

よって、治療法としては、直射日光を避けるようにしながら、抗ヒスタミン剤の内服や注射などを行い、軟膏などの塗布も併用するようにします。

 

ただ、これらの治療は一時的な処置であり、根本解決にはなっていません。

 

根本的に足の甲などにブツブツが出来る、日光じんましんを完治させるには、原因物質(太陽)を避けつつ、治療薬の使用を繰り返すしかないようです。

 

治療薬は、軽度の場合は抗アレルギー薬、重症の場合は副腎皮質ステロイド薬や免疫抑制薬を使うことが多いようです。

 

直射日光を受けそうな時は、赤ちゃん用の低刺激日焼け止めクリームを使用したり、直接肌を太陽にさらさないよう、服などでカバーするようにするのも良いでしょう。

 

また、服用している薬(血圧を下げる薬や化膿止めの薬、痛み止めや熱さましの薬など)が原因で起こることもありますので要注意です。

 

なお、この病気は、年齢や環境の変化でも、あっけなく完治してしまうことが多いので、焦らずに医師と相談しつつ、治療を続けるようにしましょう。


スポンサーリンク