足首がつる原因

スポンサーリンク

足首がつる原因とは?

最近、足首やふくらはぎ、足の側面や足指などがつる回数が増えてはいませんか?

 

実は足首などがつる原因は大きく分けて3つあるそうです。足首などがつり易い原因とは、一体どのようなものがあるのでしょう?

 

 

<足首などがつる原因 その1:肉体疲労>

 

激しい運動をして筋肉を酷使したり、疲れが溜まり過ぎていると、足首などがつりやすくなると言われています。

 

肉体疲労が起こると、人体には疲労物質である乳酸が生じ、筋肉への伝達機能が低下してしまうそうです。

 

その為、筋肉の収縮を促す正常な信号が送れなくなり、異常を感じた肉体は急激に筋肉を収縮させようとするそうです。

 

その為、足首などがつりやすくなってしまう、と言われているようです。

 

肉体疲労を感じた時は、お風呂にゆっくり浸かったり、マッサージなどをして筋肉の緊張をほぐすようにしましょう。

 

 

<足首などがつる原因 その2:老化>

 

睡眠中に足首などがつりやすい原因は、加齢による老化が原因だとも言われています。

 

足の筋肉は定期的な運動をしていない場合、20代を筋肉量が100とすると、30代、40代と10歳毎に約10%ずつ低下してしまうそうです。

 

そんな足の筋肉の減少により、下半身の血流が低下しやすくなる為、筋肉疲労が起こりやすく、足首などがつり易くなってしまうそうです。

 

また、中高年の場合は、高血圧や高血糖になり易く、動脈硬化を起こす確率も高くなる為、足の血管に動脈硬化がみられると、足首などがつり易くなるようです。

 

運動といえばついつい後回しになりがちですが、極力筋力Upに努め、塩分や糖分、脂肪分などが少ない食事を摂る様に心がけましょう。

 

 

<足首などがつる原因 その3:栄養不足・水分不足>

 

中高年になると新陳代謝が悪くなる為、太り始める方が多いようです。

 

その為、若い頃の体形に戻そうと、過激なダイエットや「○○だけダイエット」などの偏食ダイエットをしがちになります。

 

また、忙しすぎてついつい食事をおろそかにすることが多い為、食物からの栄養が不足し、イオンバランスが崩れがちになるそうです。

 

人の体は胎内のイオンバランスが崩れると、筋肉の収縮指示に異常をきたし、足首などがつり易くなってしまうそうです。

 

また、冬場は水分を取らない方も多くなり、脱水症状から足首などがつることもあるようです。

 

無理なダイエットや水分不足を避け、栄養バランスの良い食生活とこまめな水分補給を心掛けましょう。

 

 

<足首などがつる原因 その4:冷え>

 

中高年になると、冷え症になる方が多くなります。足が冷えると筋肉が収縮して緊張状態になってしまい、急に伸ばそうとすると足首などがつってしまうことも多いようです。

 

冷えは冬場が多いですが、夏場もクーラーの冷気で冷えが進みやすくなります。

 

冷え症がある方は季節を問わず、冷えに注意し、足首などがつらないように気を付けましょう。


スポンサーリンク