足首のツボ

スポンサーリンク

足首のツボの効果的な押し方とは?

足首を始めとして、人間の体には様々なツボがあり、そのツボを刺激することで、ツボに対応した脳や内臓の機能を活性化する効果があると言われています。

 

体の不調を直し、体質を改善したり、強化することも出来る、ツボ押し(指圧)ですが、どのように押したらより効果的なのでしょう?

 

今まで漫然とツボを押していた方も、是非この機会に効果的な足首のツボの押し方をマスターしましょう!

 

 

<足首への効果的なツボの押し方
 その1:ツボの位置>

 

本やネットで調べてみると、体の不調に効果的なツボの位置が様々掲載されていますので、その図を見ながら実際にツボを押してみます。

 

押していて、イタ気持ちいい場所や強い痛みを感じる場所があると思います。そこがまさにツボなのです。

 

ただ、ツボの位置は、体格によって微妙に差があったり、体調によってツボの位置が移動することもあるそうです。

 

よって、ツボを押す際は、都度、今の自分に合ったツボを見つけるようにしましょう。

 

 

<足首への効果的なツボの押し方
 その2:刺激方法>

 

ツボを押すには、手の親指を使うことが基本ですが、ツボ押しのグッズや日常生活で使用する様々な物を使ってみても良いでしょう。

 

たとえば、ドライヤーは、温熱刺激の効果がありますので、ツボ刺激と併用しても良いでしょう。

 

また、爪楊枝の頭の部分や、ペン先の出ていないボールペンの先などで、ピンポイントに刺激しても良いかもしれません。

 

ご自分に合った方法やグッズで、ツボを押してみてもいいですね。

 

 

<足首への効果的なツボの押し方
 その3:ツボ押しタイム>

 

足首へのツボ押しは、基本的にはいつでも大丈夫なのですが、入浴後や就寝前などのリラックスした状態で行うと、より効果的だそうです。

 

ただ、食後すぐは消化に悪いですし、お酒を飲んだ後は、アルコールにより血行が高まり過ぎている為避けるようにしましょう。

 

 

<足首への効果的なツボの押し方
 その4:押す力>

 

 

足首へのツボ押しの力は、痛いけど気持ち良い、くらいの力加減が最適だと言われています。

 

『力が強いほうが、刺激も強くなり、効果があるのでは?』と勘違いされている方もおられるようですが、強すぎる刺激は筋肉の緊張を招き、却って逆効果になってしまうことも。

 

足首へのツボ押しは「1、2、3、4」で息を吐きながら押し、「5、6、7、8」で息を吸いながら力を抜くようにします。力を抜く際は、指をツボから離さないように注意しましょう。

 

この方法で、1つのツボにつき、5〜10回ほど繰り返すと良いようです。


スポンサーリンク