足首のトレーニング方法

スポンサーリンク

捻挫を防ぐ足首のトレーニング法とは!?

人は年齢を重ねる毎に、障害物のない普通の道でつまづいたり、すり足気味だったり、捻挫しやすくなったりするそうです。

 

この原因は足首の筋肉の衰えです。足首の筋肉はトレーニングをしなければ、すぐに筋力が落ちてしまうようです。

 

加齢は仕方のないことですが、将来の寝たきりリスクや捻挫リスクは、極力防ぎたいですよね。

 

では、足首に対し、どのようなトレーニングをすれば良いのでしょう? 早速見てみましょう!

 

 

<足首のトレーニング
 その1:つま先立ちで足踏み>

 

方法:つま先立ちになり、太ももを高く挙げて、腕を振りながら足踏みします。(所要時間:1〜2分)

 

効能:つま先立ちで足踏みすることで、体全体の血流が改善され、足首の筋力も同時に鍛えられます。

 

毎日行うことで引き締まった足になり、新陳代謝も良くなる効果もあるそうです。

 

 

<足首のトレーニング
 その2:つま先の上げ下げ>

 

方法:両足を開き、つま先をまっすぐ前に向け、息を吐きながら片方のつま先を出来るだけ床から上げます。

 

つま先を上げたら、すぐに下げ、反対の足のつま先を上げます。これを20〜30回行います。

 

効能:足首やふくらはぎの筋力がつくと同時に、贅肉が取れ足全体が引き締まる効果があります。

 

また、足がつったり、捻挫することが無くなってくるそうです。

 

 

<足首のトレーニング
 その3:つま先の上げ下げ2>

 

方法:壁に寄り掛かり、膝を軽く曲げ、小指側からつま先を上げ下げする。上げた時は上がる所までしっかり上げ、力を入れます。

 

これを30〜50回行います。最初はかなりキツイですが、頑張りましょう!

 

効能:すねの筋肉が強化され、足首の柔軟性がとても上がり易いそうです。

 

またすねの筋肉が強化されたことで、躓きにくくなり、足の安定感も増す効果があるそうです。

 

 

如何でしょうか?どの方法もとても簡単ですし、あまり場所や時間も取りませんよね?!

 

こんなお手軽な方法で足首のトレーニングをするだけで、筋力アップと美脚効果があるならば、やらない手はないですよね。
さあ、明日からではなく「今から」早速トレーニングをし、いつまでも若々しく活動的な人生を送りましょう!!!


スポンサーリンク