子供の足首などの成長痛の原因

スポンサーリンク

子供の成長痛の意外な原因とは?

以前は子供の骨の成長によって、靭帯や筋肉が引っ張られる為に痛みが出る、と言われていた成長痛。

 

近年では、実は子供の骨の成長のせいではなく、ある意外な原因によって、足首などに成長痛が発症していることが分かってきました。

 

それでは足首などの成長痛の原因とは一体何なのでしょう?早速見てみましょう!

 

 

<足首などの成長痛の意外な原因とは?>

 

足首などに発症する成長痛と呼ばれる痛みは、3歳〜小学校低学年くらいに発症することが多いと言われています。

 

発症時間帯は夕方から夜にかけてや寝る前くらいで、30分から1時間程度で治まり、翌朝になるとケロッとしているそうです。

 

痛む場所は膝の裏側や太もも、ふくらはぎ、足首などが多く、どこが痛いのかがはっきりしないことも多々あるそうです。

 

近年の研究によると、この足首などに発症する成長痛は、発症する子供の精神的な不安感が原因だという説が有力になってきたそうです。

 

つまり、子供が親に足首などの成長痛を訴える場合、「構って欲しい」という気持ちが隠れていることが多いそうです。意外ですよね!

 

 

<足首などの成長痛は「構って欲しい」サイン>

 

それでは、子供は親に対して、どのような不安や心境から『構ってほしい』と思うのでしょうか?

 

@下の子が出来て、自分が構って貰えることが減ってしまった。

 

A母親が働きだした為、構って貰えなくなった。

 

B幼稚園や小学校で嫌なことがあって、親に甘えたい。

 

C肉体的な疲れから精神的にも不安定になっているので構って貰い、安心したい。

 

D母親が子育てに神経質になっている。

 

如何でしょう?足首などの成長痛を訴えているお子さんをお持ちの親御さん、心当たりはありませんか?

 

足首などの成長痛は「甘えたい」「自分に関心を持って欲しい」「自己主張したい」などの心の葛藤が身体に反映されたものなのです。

 

是非、そんな子供の気持ちを受け止めて、優しくさすってあげたり、抱っこしたり、ハグしたり、話を聞いてあげたりと、愛情を注いであげてください。

 

そうしたことで、子供の足首などの成長痛がピタリと治まることもあるそうですよ。心と体は一体なのですね。

 

 

<足首などの痛みは成長痛ではない場合も>

 

小さなお子さんの場合、足首などの痛みは成長痛であることが多いですが、普段から足を引きずっていたり、同じ場所の痛みを訴えている場合は、感染症や腫瘍など、別の病気である可能性もあります。

 

また、スポーツをしているお子さんの場合は、スポーツ障害の可能性もありますので、お子さんが足首などの痛みを訴えた場合は、念のため医師の診断を仰ぐようにしましょう。

 


スポンサーリンク