足首のテーピングの巻き方

スポンサーリンク

簡単な足首のテーピングの巻き方とは?!

バスケットボールや剣道、陸上競技など、激しいスポーツをする際は、足首の関節を守る為に足首のテーピングをすると良いと聞きます。

 

本やインターネットで調べると、沢山の足首のテーピングの巻き方がありますが、実際やってみると結構技術が必要なものが多いですよね。

 

しかも、正しいテーピングの巻き方を足首に施さないと、何の保護にもならないばかりか、逆効果になってしまうことも!

 

本来はきちんと足首のテーピングの巻き方を勉強すべきですが、超簡単に正しいテーピングが出来る方法は無いのでしょうか?

 

 

<超簡単!足首のテーピングの巻き方
 その1:「足首かんたんスポーツ」を利用する>

 

「足首かんたんスポーツ」という商品をご存じですか?初心者向けの超簡単な巻き方で、誰でも簡単に足首のテーピングが出来る優れものです。

 

足首へのテーピングの具体的な巻き方は以下の通りです。

 

1.足首の周辺を清潔にし、「足首かんたんスポーツ」を粘着面を上にして床に置き、短めになっているテープ部分が内側のくるぶしの真上を通るよう足裏をテープの中央部分に乗せます。

 

2.足首の角度を90度に保ちつつ、片方の短いテープを内(外)側のくるぶしの真上を通過させながらまっすぐ上に伸ばして貼ります。逆側も同様に貼ります。

 

3.足首の角度を保ちつつ、今度は片方の長いテープを足の甲→反対側のくるぶし→アキレス腱と通過させ、足首に巻き付けて貼ります。逆側も同様に貼り、完成です。

 

この時、あまり強く締めてしまうと、血行障害や皮膚障害になってしまうので、適度な強さで貼りましょう。

 

また、肌を守る為、1時間以上の休憩を取る場合やスポーツ終了後は、すぐに足首のテーピングを取りましょう。

 

剥がす際は、肌を傷めないように、ゆっくり剥がしましょう。また、テーピングによって赤い発疹や痒みなどが現れたら使用を中止しましょう。

 

 

<超簡単!足首のテーピングの巻き方
 その2:キネシオテーピング>

 

キネシオテーピングという、収縮性もあり、色々な用途で使用出来る茶色のテープを使った、足首へのテーピングの巻き方は以下の通りです。

 

1.剥がれにくくするためにテープの角を丸く切り、足首を90度に曲げ、外側のくるぶしから土踏まずを経由し、一周させます。

 

2.そのまま足首の手前側でクロスさせ、内側のくるぶしまで貼っていきます。反対側の足にも同様に貼ってみましょう。

 

簡単ですが、これでかなり足首を補強出来ますよ。

 

 

如何でしょう?足首に巻くテーピングの方法も様々ですが、使用するテープにも収縮性があるタイプ・しっかり固定するタイプなど様々な種類があります。

 

是非ご自分で巻き易い足首のテーピングの巻き方をマスターし、怪我なくスポーツを楽しみましょう!

 


スポンサーリンク