足首の靭帯損傷放置の後遺症

スポンサーリンク

足首の靭帯損傷放置の後遺症?!

足首の靭帯は、スポーツをしている時だけではなく、ちょっとした日常動作で損傷してしまうことが多い外傷と言われています。

 

足首の靭帯損傷(主に捻挫)は、軽い場合でしたら、数日から1〜2週間で痛みが引き、自然治癒しますが、重度になると1か月以上掛かることもあるそうです。

 

しかし、重度であっても、初期の固定と治療がしっかりされていれば、通常は後遺症が残ることは少ないものの、つい放置してしまった為に、後遺症が残ってしまうことが多々あるそうです。

 

また、少ない症例ではありますが、初期治療が正しくても、なかなか痛みが消えず、捻挫後遺症として残ってしまうこともあるそうです。

 

足首の靭帯の損傷による後遺症とは、どのようなものがあるのでしょう?早速見てみましょう。

 

 

<足首の靭帯損傷の後遺症 その1:外側側副靭帯の機能不全>

 

痛みの箇所:外くるぶしの前下方向の靭帯部分。二度以上同じ部位の損傷がある場合は、そのすぐ後ろ下にある踵腓靭帯(しょうひじんたい)部分も。

 

症状:膝の腫れや関節のこわばり、膝の外側の痛みを感じることが多く、膝関節が不安定になったり、膝が動かなくなるような感覚を感じることもあるそうです。

 

足の裏を内側に向けるような動作をすると痛みが誘発されたり、正座をしても痛みが出ることがあるそうです。

 

原因:治癒しきっていない段階で捻挫を繰り返したり、筋力や靭帯機能が十分回復していない段階でスポーツを再開すると、足首の靭帯に後遺症が残り易くなるそうです。

 

治療法:スポーツや日常生活に支障を来すようであれば、足首の靭帯再建術という手術治療を行うことになります。

 

 

<足首の靭帯損傷の後遺症 その2:距骨骨軟骨骨折>

 

痛みの箇所:前足首の中央辺りにある、距骨と脛骨の間

 

症状:3か月以上、前足首の中央辺りに激痛があり、完治する様子がない

 

原因:スポーツや日常生活で足首の靭帯を損傷した際に、距骨の角にある軟骨が骨折してしまい、距骨の一部が剥がれたり、欠けそうになることで発症することが多いそうです。

 

しかし、明らかな怪我ではなく、原因がはっきりしない場合もあり、その場合は、血行障害、ストレス、遺伝やホルモンによる原因が考えられるようです。

 

治療法:関節鏡手術を行い、骨片の摘出または整復固定を行います。

 

 

<足首の靭帯損傷の後遺症 その3:アキレス腱断裂>

 

痛みの箇所:アキレス腱付近

 

症状:足首の靭帯付近に激痛が走り、歩くことが困難になります。うつ伏せに寝かせたまま膝を直角に曲げた状態でふくらはぎを掴んでも、足首が底屈しません。

 

原因:スポーツや日常動作による足首の靭帯損傷だけでなく、高齢者の場合はちょっとした衝撃で足首の靭帯が切れ、アキレス腱断裂になることが多いようです。

 

治療法:手術により、断裂したアキレス腱を縫合糸でつなぎ合わせます。

 


スポンサーリンク