足首がいたい原因

スポンサーリンク

足首がいたい原因とは?!

激しい運動をした訳でも、どこかでぶつけた訳でもなく、急に足首がいたいという症状が出たことはありませんか?

 

原因不明の痛みは、病気の前触れなのではないか?など心配が尽きませんよね。

 

素人判断は一番危険ですし、痛みが酷かったり、長期間続いている場合はすぐに適切な医師の診断を受けるべきです。

 

しかし、医師の診断の前にどのような原因が考えられるのか、知りたくなりますよね。

 

それでは、足首がいたい原因について、調べてみましょう。

 

 

<足首がいたい原因 その1:過去の古傷>

 

以前捻挫や骨折をしている場合、気圧などの関係で古傷が痛むことが多々あるそうです。特に足首など足元には症状が出やすいようです。

 

 

<足首がいたい原因 その2:運動不足>

 

足の筋力の低下により、くるぶしや足首に痛みが出ることがあるそうです。特に足を動かす瞬間に痛みが生じる場合は、運動不足が考えられるようです。

 

 

<足首がいたい原因 その3:疲労骨折>

 

足首がいたいと思っていたら、実は骨折していた!ということもあるそうです。足首だけでなく、その周辺部位の疲労骨折から、足首の痛みと誤認されることも多いようです。

 

 

<足首がいたい原因 その4:偏平足>

 

偏平足の方は土踏まずが無い為、足裏のクッションが効かず、衝撃がダイレクトに足に伝わります。

 

その為、足に過度な負担が掛かり易く、足を動かすと痛みが出たり、疲れやすくなるそうです。

 

<足首がいたい原因 その5:痛風・高尿酸血症>

 

痛風や高尿酸血症(血液中の尿酸の量が高まる病気)の方は、足首やくるぶしなどに激しい痛みが出るそうです。

 

 

<足首がいたい原因 その6:足根管症候群(そくこんかんしょうこうぐん)>

 

足首やくるぶしの痛みだけでなく、足の裏が痺れる症状がある方は足根管症候群の可能性があります。

 

原因は足に合わないキツイ靴が原因で、足の裏の神経が圧迫され、損傷が起きた為に発症するそうです。

 

 

<足首がいたい原因 その7:外反母趾>

 

外反母趾により、足の指の骨が変形し、足首に負担が掛かっている為に足首が痛くなることがあるそうです。

 

 

他にも足首がいたい原因は多々ありますので、上記に当てはまらない方も多くおられると思います。

 

あれこれ心配して時間を逸して手遅れになる前に、是非足首がいたいと思ったら、念のためでも結構ですので、医師の診断を仰ぐようにしましょう。

 


スポンサーリンク