足首の骨の痛み『有痛性外脛骨』とは?

スポンサーリンク

足首の骨で痛みが生じる?!

足首に痛みが生じる原因として、捻挫やアキレス腱断裂など、何らかの傷害によって生じることが多いのですが、中には足首の骨が原因で痛みを生じることがあるそうです。

 

この足首の骨による痛みは「有痛性外脛骨(ゆうすいせいがいけいこつ」が原因であることが多いそうです。

 

あまり聞きなれない「有痛性外頸骨」とは一体どのようなものなのでしょう?そしてその治療法はどのようなものがあるのでしょう?

 

 

<足首の骨の痛みの原因「有痛性外脛骨」とは何ですか?>

 

有痛性外脛骨の「外頸骨」とは、足の舟状骨という骨の内側に存在する、人間の進化の過程で退化してしまって、本来存在しない余分な骨のことを言うそうです。

 

この足首の骨に外頸骨がある方は、15〜20%もおられるそうです。意外と身近な骨なのですね。

 

子供の頃は痛みを感じませんが、成長するに従い、激しいスポーツをしたり、靴による圧迫や捻挫を機に、有痛性(痛みを感じる)になることが多いそうです。

 

また、特段原因が思い当たらない場合でも、足首の骨に痛みを生じることがあるそうです。発症は女性に多く、偏平足を伴うことが多いと言われています。

 

有痛性外頸骨であるかどうかは、レントゲンを取れば分かりますので、女性で偏平足であり、足の骨が痛い場合は、是非医師にレントゲンを取って貰うと良いでしょう。

 

 

<足首の骨の痛みの原因「有痛性外脛骨」の治療法とは?>

 

足首の骨の痛みが一時的で軽い場合は、足首を安静に保ちつつ、鎮静剤や温熱療法などを行い、症状の改善を促します。

 

痛みが長引く場合や、何度も繰り返される場合は、足首の骨をギブスで固定したり、足底板を靴に装着することで症状が改善することがあるそうです。

 

殆どの場合、このような保存的療法で改善するそうですが、痛みが酷く日常生活に支障が出る場合は手術を行うこともあるようです。

 

手術の場合は、外頸骨を摘出し、舟状骨の突出している箇所を一部切除し、骨の出っ張りをなくします。

 

その後は3週間ほどギブスで固定し、徐々に負荷を掛けながらリハビリを行い、約2カ月ほどでスポーツに復帰できるようになるそうです。

 

足首の骨に問題があり、有痛性外脛骨が疑われるようでしたら、出来るだけ早目に医師の診断を仰ぎ、適切な治療を行うようにしましょう。


スポンサーリンク