足首から来る冷え性を放置すると?

スポンサーリンク

足首から来る冷え症を放置するとどうなるの?

冬になると辛い冷え症。しかもだんだん歳を重ねる毎に酷くなる方も多いそうです。

 

冷え症は元々の体質のせいもありますが、実は足首の冷えから冷え症になる、という説があるそうです。

 

なぜ足首の冷えから冷え症になってしまうのでしょう?その原因と放置するとどうなるのかについて見てみましょう!

 

 

<なぜ足首が冷えると冷え症になるの?>

 

冬場は特にですが、夏の暑い盛りでも周囲の方よりも手や足が冷たかったり、冷えすぎて痛みを伴うという冷え症。

 

冷え症は元々の体質もありますが、年齢を重ねることで、全身に血液を送り出す心臓や、足元から心臓へ血液を送り返すふくらはぎの筋肉が弱くなることが原因の1つと言われています。

 

また、血管が固くなったり、自立神経やホルモンのバランスが乱れ、血管の収縮や拡張が上手く出来なくなることも原因だと言われています。

 

そういった体全体の老化はある意味仕方がない部分ではありますが、冷え症を加速させるのが「足首の冷え」なのです。

 

下半身には体全体の7割もの血液が集中しており、歩いたり動いたりすることで足先まで流れた血液が足首を経由し、ふくらはぎの筋力を使い、心臓に送り返されます。

 

そんな大切な下半身ですが、太腿までは洋服でカバーされますが、足首に関しては保温意識がおろそかになりがちです。

 

しかも夏場は薄着かつ生足でクーラーを浴びる機会も多く、体は懸命に血液を心臓に送り返そうにも足首の冷えにより血流が滞り、冷え症が加速してしまうのです。

 

冷え症予防に上半身を重ね着するより、足首を冷やさないことのほうが、足元から『煙突効果』で暖かい血液が体中を巡り、体が温まるそうです。

 

是非冷え症だと思う方は、冬場だけでなく、夏場も足首の保温に努めましょう。

 

 

<足首から来る冷え症を放置するとどうなるの?>

 

それでは、足首から来る冷え症を放置すると、体にはどのような影響があるのでしょうか?

 

@顔に出る影響

 

目の下のクマ、鼻の頭や周辺が赤くなる、耳や顔全体が赤くなる、唇が紫色になる、首から上がほてったり汗をかき易くなる。

 

目が疲れ、口臭も気になる様になり、顔色も悪くなる

 

A体全体に出る影響

 

頭痛、耳鳴り、首や肩こり、抜け毛や白髪、下肢静脈瘤が出る、下痢や便秘を繰り返す、腰痛、、痔、トイレが近くなる、食欲不振、めまい、疲れやすい

 

B女性に特に出る影響

 

激しい生理痛、生理不順、頭痛、イライラを伴う月経困難症、不妊症

 

C男性に特に出る影響

 

ED(勃起障害)、イライラ、痔出血、鬱傾向

 

如何でしょう?思い当たる症状はありませんか?単なる体調の不調だと思っていたことが、実は足首から来る冷え症だったということも多々あります。

 

特に男性は冷え症とは無縁と思いがちですが、最近は男性でも冷え症の方が増えているそうです。

 

思い当たることがある方は、是非冷え症の予防に足首を温めることから始めてみては如何でしょう?

 


スポンサーリンク