足首を温めるべき理由

スポンサーリンク

夏こそ足首を温めるべき理由とは?!

最近は地球温暖化のせいか、「猛暑」と言われる夏も多くなってきましたね。

 

アスファルトの上を歩くと、平気で40度越えなんていう気温もザラ。ついついクーラーの温度も低く設定しがちになります。

 

夏は服装も薄着になりますが、そのままクーラーを思い切り浴びていると、とんでもない体の不調を引き起こしてしまうことも!

 

そんな中「夏こそ足首を温めるべき」理由があるようです。一体どのような理由があるのでしょう?

 

 

<夏こそ足首を温めるべき理由 その1:冷房病予防>

 

人間の体温調整は、自律神経の働きによって一定に保たれていますが、実は5度以上の急激な温度変化には上手く対処出来ないそうです。

 

しかも夏場にはよくありがちですが、毎日クーラーをガンガンに効かせ、5度以上の温度差を受け続けていると、交感神経と副交感神経のバランスが崩れ、冷房病(クーラー病)になってしまうそうです。

 

冷房病になってしまうと、体が冷えるだけでなく、むくみ、疲労感、頭痛、腰痛、肩こり、腹痛、食欲不振、下痢、便秘、生理不順などの体調不良や、イライラという自律神経系の不調を招いてしまいます。

 

そもそも冷たいクーラーの空気は重い為、部屋の下方に行きますので、足首から冷えが進み、全身が冷えて起こる症状です。

 

よって、冷房病を予防する為には、クーラーの温度の設定温度は、外気との差を5度以内にすること。

 

また、足首や足元を靴下やスリッパ、ひざ掛けなどで温めることが大切になります。

 

特にオフィスや自分で室内の設定温度を調整できない場所の場合は、レッグウォーマーやカイロなどを使い、積極的に足首を温めるようにしましょう。

 

 

<夏こそ足首を温めるべき理由 その2:就寝中の冷え予防>

 

人間は眠りに落ちると体温が低下し、更に感覚神経が鈍くなります。

 

熱帯夜にありがちですが、就寝までは暑くて、クーラーや扇風機を適温に保っていても、寝ている間に冷えを感じて目が覚める、なんていうこともあります。

 

これは就寝中に布団から足首が露出し、布団で温められた体も足首から冷気を浴び、体全体が冷えてしまうことで起きるとも言われています。

 

就寝中の冷えは夏風邪を招き易く、しかも夏風邪はなかなか治らない傾向にあります。

 

是非就寝中の冷えを防ぐ意味でも、足首をタオルケットなどで温めたり、寝相が悪い方はレッグウォーマーで足首を温めるなど、対処するようにしてみましょう。

 

 

<夏こそ足首を温めるべき理由 その3:万年冷え症予防>

 

冬になると冷え症の女性が急増しますが、実は冷え症は冬の寒さのせいだけではないことをご存じですか?

 

夏は暑さの為に薄着や生足が当たり前となり、冬よりも無防備に体を冷やす機会が増える為、万年冷え症となってしまうそうです。

 

夏に足首を温める湯たんぽやレッグウォーマー、カイロなどは見ただけでも暑そうで敬遠されがちですが、冷えは「冷房病」の欄にも記載した通り、多くの心身の不調を招きます。

 

また女性の場合は不妊になる確率も上がってしまうのです!大変ですね!!!

 

冬の冷え症へと移行しないようにする為にも、是非夏でも足首を温め、万年冷え症を防ぐようにしましょう!


スポンサーリンク