足首を温める方法

スポンサーリンク

冷え症予防で足首を温める方法とは!?

女性に多いと言われる冷え症。冷え症は血流の悪さが原因と言われていますが、放置することにより、体の不調、肌のくすみ、むくみ、生理不順など様々な影響を及ぼすと言われています。

 

体全体の7割の血液が下半身に集中している中、冷え症予防に足首を温めることはとても効果的です。

 

しかし、足首を温めるといっても、どのような方法があるのでしょうか?早速調べてみましょう!

 

 

<足首を温める方法 その1:靴下を履く>

 

足首を温めるには、靴下を履くことが重要だと言われています。ええっ?そんなの当たり前じゃない?と言われそうですが、冷え症の方、夏も靴下を履いておられますか?

 

冬や肌寒い季節は靴下を履き、足首をきちんと温める方が多いものの、暑い夏になると、ついつい裸足でフローリングの床を歩いたり、素足にミュールやサンダルを履いたまま、クーラーで冷えた部屋に長時間居がちです。

 

実はクーラーなどで体を冷やすと、脳は手足の末梢神経より内臓に血液をより巡らせるため、手足の先から冷えあがるもの。

 

ついついそのような生活を繰り返し、冷え症を悪化させてしまうこともあるようです。

 

夏場のクーラーが効いた部屋などでは、なるべく靴下を履くなど自衛をして、足首を温めるようにしましょう。

 

尚、冬場は冷え症が酷い方は、靴下の重ね履きをしがちです。その場合、締め付けがキツクなると血流が悪化して逆効果となりますので、気を付けるようにしましょう。

 

また、同じ靴下でも、5本指靴下は足指の1本1本を保温出来、更に足指と足指の間にあるツボ「八風」を温める効果もあり、冷え症やのぼせ、疲れ、だるさなどが解消できるそうです。

 

靴下を購入する場合は、是非5本指靴下を購入するようにしましょう。

 

 

<足首を温める方法 その2:カイロで保温する>

 

人は冷えを感じると、ついつい手や足先を温めようとしますが、実は足先の冷えは筋肉量の少なくなるふくらはぎ辺りから冷えはじめ、徐々に冷えは足先に向かうそうです。

 

よって足先が冷えたな、と感じた場合は、足先を直接カイロで温めるより、足首やふくらはぎを温めるほうが効果が高いそうです。

 

ある程度温まったな、と思ったら、すぐに靴下やレッグウォーマーなどで更に保温すると効果的です。

 

 

<足首を温める方法 その3:足湯>

 

足先が冷え切って感覚がないほどになってしまった場合は、足湯が効果的です。

 

足湯には収縮していた血管が徐々に拡張し、じんわり足先や足首から体全体が温める効果があるのです。

 

42度くらいのお湯に足を付け、途中で熱いお湯を足しながらお湯が冷めないようにして温めましょう。

 

ただ、冷えが強い場合、足の知覚が鈍化していることが多いので、温めた手などで温度を確認しながら、低温やけどを防ぐようにしましょう。

 

 

<足首を温める方法 その4:足首運動をする>

 

足首運動や足指運動をすることは、足の末端の血流を上げる効果があります。

 

足先や足首の血流が良くなることで、体全体を温めることになり、冷え症が軽減されるようになるそうです。

 

特に足先や足首を温めながら運動することがより効果的ですので、冷え症の方は特に毎日足先や足首運動をするように心がけましょう。

 


スポンサーリンク