足首が腫れる原因

スポンサーリンク

足首が腫れる原因とは?!

足首のむくみや腫れは、骨折や外傷によるものなど、原因が分かっている場合は問題ないのですが、直接的な原因が無く足首が腫れることもあるようです。

 

そのような直接的な原因が無く足首が腫れる場合、非常に危険な病気の前触れである可能性もあるそうです。

 

素人判断は一番危険ですので、もし直接的な原因が無く足首が腫れた場合は、すぐに医師の診断を仰ぐべきです。

 

ただ、外傷が無く足首が腫れるケースにはいくつかの原因があるようです。どのようなものがあるのか、早速見てみましょう!

 

 

<足首が腫れる原因 その1:両足の足首が腫れる場合>

 

両足の足や足首が腫れる場合は、心臓、肝臓、腎臓の異常が考えられるそうです。

 

心臓の異常で多い病気は、心臓の動きが悪くなる心不全です。心不全の場合は、足や足首が腫れるだけでなく、息切れや呼吸困難が見られるそうです。

 

また、心筋症、慢性静脈不全、心臓発作、脳卒中、心内膜炎などが考えられるようです。

 

肝臓の異常で多い病気は、肝硬変であり、足や足首の腫れる症状以外にも、お腹の中に水が溜まる「腹水」という症状も現れるおうです。

 

腎臓の異常で多い病気は、糖尿病による腎障害やネフローゼ症候群という病気だそうです。

 

心臓、肝臓、腎臓の病気の治療では、利尿匙が良く使用されますが、尿を出し過ぎると逆に脱水や電解質の異常をきたすこともあるそうです。

 

くれぐれも医師の診断・処方に従い治療するようにしましょう。

 

 

<足首が腫れる原因 その2:片足の足首が腫れる場合>

 

片方の足や足首が腫れる場合は、血液やリンパの流れが悪くなった場合に起こる症状だそうです。

 

下肢の静脈瘤や深部静脈血栓症、リンパ浮腫などの病気に足首が腫れる症状が良く見られるそうです。

 

下肢静脈瘤は女性の発症率が高く、足にある静脈に血が溜まり、血管が膨らむ病気です。

 

下肢静脈瘤は良性の病気の為、治療せずに放置する方が多いですが、下肢色素沈着や潰瘍形成などの重症になる可能性もありますので、早期発見・早期治療が必要です。

 

また、深部静脈血栓症は、足の中の深部静脈という血管内に血栓が出来、血液の流れが悪くなり、足に血が溜まって腫れる病気だそうです。

 

リンパ浮腫は子宮がんや卵巣がんの手術で、リンパ節を切除した時に起こりますが、手術後以外はめったに起こらないそうです。

 

 

<足首が腫れる原因 その3:薬の副作用>

 

薬の副作用でも足首が腫れることがあるようです。抗鬱剤、糖尿病の薬、高血圧の薬、ホルモン治療、ステロイドなどで足首が腫れることがあるようです。

 

足首が腫れる場合、私用している薬が合わない可能性もありますので、医師に相談するようにしましょう。

 

 

<足首が腫れる原因 その4:その他>

 

その他にも甲状腺ホルモンの異常や栄養失調からも、足首が腫れることがあるようです。

 

これらの原因も素人では判断が出来ませんので、是非医師の診断を仰ぐようにしましょう。

 


スポンサーリンク