足首の激痛は痛風のサイン?

スポンサーリンク

足首の激痛は痛風のサイン?

ある日突然、特に怪我をした訳でもないのに、足首に激痛が走ったことはありませんか?

 

実はその足首への激痛は痛風の可能性があり、痛みが徐々に和らいだからといって放置していると、同じような発作が繰り返され、その度毎に病状は悪化してしまうそうです。

 

痛風と言えば、足の親指の付け根に激痛が走ることが7割近い為、足首の激痛が痛風だと思わず、放置する方が多いそうです。

 

しかし、稀ではありますが、思い当たるフシがないのに足首への激痛が走り、しかも何もしなくても痛い場合は、痛風を疑った方が良さそうです。

 

それでは、足首に激痛が走る痛風とは、一体どのような病気なのか、詳しく見てみましょう。

 

 

<足首に激痛が走る痛風の原因とは?>

 

足首に激痛が走る痛風には、「高尿酸血症」という病気が潜んでいるそうです。これは、尿酸が体内で過剰に作られてしまう病気です。

 

尿酸とは体の新陳代謝で発生する老廃物であり、通常は尿酸の産出と排出のバランスが保たれていますが、尿酸が過剰に産出されたり、排出されにくいことから、血液中の尿酸が増えてしまうことで発症します。

 

高尿酸血症は、自覚症状はありませんが、尿酸濃度が高い状態が続くことで結晶化し、関節や組織に溜まります。

 

この関節や組織に溜まった尿酸結晶に免疫細胞が反応し、炎症を起こすことで痛風となると言われています。

 

よって、足首に尿酸結晶が溜まった場合は、足首に激痛が走ることになるようです。

 

 

<足首に激痛が走る痛風の恐怖とは?>

 

痛風の発作だけでも足首や親指の付け根などに激痛が走り、大変恐ろしいものですが、実は高尿酸の状態を放置していると恐ろしい合併症を引き起こすとも言われています。

 

高尿酸血症は、糖尿病や脂質異常症、高血圧、心筋梗塞、狭心症、脳出血、脳梗塞なども引き起こしてしまうのです。

 

また、腎臓の中に尿酸結晶が溜まると、腎臓の機能低下を引き起こし、慢性腎不全に陥ることもあるそうです。

 

更に尿酸結晶が尿路に溜まると、尿路結石、つまり腎臓や尿管、膀胱などに結石が出来てしまうこともあるようです。

 

たかが足首の激痛と放置すると、大変なことになるのですね。

 

 

<足首に激痛が走る痛風の危険因子とは?>

 

それでは、足首に激痛が走る痛風の危険因子とは一体どのようなものなのでしょう?

 

それは、過食、高カロリー食品の過剰摂取、動物性食品の過剰摂取、多量の飲酒、運動不足などが主要因と言われています。

 

また、激しい運動や精神的ストレスも、多量の汗をかくことで体内の尿酸値が一時的に上昇しますので、水分を十分に補給しないと、血液中の尿酸濃度が上昇したままとなり、痛風になってしまうそうです。

 

食品では、プリン体を多く含む肉類、白子・アンコウの肝、ビールなどのアルコール、イワシやアジなどの干物、エビタコなどを多量に摂取すると危険です。

 

出来るだけプリン体の少ない、パン・米・蕎麦などの穀類や野菜、果物、海藻、豆腐などを摂取するようにし、足首の激痛を招く痛風予防に努めましょう。

 


スポンサーリンク